NEW

パチスロ「6号機最強の自力感」…己の拳で展開が激変する人気シリーズ最新作「〇〇」に設定差大!!

【この記事のキーワード】, ,

パチスロ「6号機最強の自力感」…己の拳で展開が激変する人気シリーズ最新作「〇〇」に設定差大!!の画像1

 通常時はもとよりCZ突入時、CZ中、上乗せ特化ゾーン中など、あらゆる場面でプレイヤーのヒキが試されるサミーの最新タイトル『パチスロ蒼天の拳4』。既存機最強の「自力感」を誇るだけに豪腕による大爆発も日常茶飯事だが、安定した勝負を望むのであるならば、高設定の奪取が必須だ。

 1G純増約2.7枚の差枚数管理型AT「上海遊戯」を出玉増加の主軸とする当機は、既報の通り、AT終了画面と蒼拳ボーナス終了画面に秘密がある。

 まず前者は「拳志郎」で設定3以上、「軍服宗武」で設定6が濃厚。一方の後者は「玉玲」と「美福庵主」が高設定示唆で、「エリカ」は設定2以上、「軍服宗武」は設定5以上、「五爪の龍」は設定6に大きな期待が持てる。

 また、上乗せ特化ゾーン「双龍の刻」中における「百烈拳チャンス」及び「追撃上乗せ」時は枚数表示に要注目だ。

「22枚」は設定2以上、「44枚」は設定4以上、「55枚」は設定5以上、「66枚」は設定6のサイン。首尾よくATでエンディングまで到達した際はチャンス役成立時の上パネルで設定が示唆され、「光が左から右に流れる」は高設定示唆・弱、「光が右から左に流れる」は高設定示唆・強、「点滅」は設定2以上、「点灯したまま」は設定6に大きく前進する。

■他にも必見の要素は満載…共通ベルは大きな差が!?

 このほか、CZ「双龍門」中に獣王カットインが発生した場合は勝利が確定すると共に設定2以上(設定4以上濃厚)も約束されるといった特徴も存在。もちろん、サミートロフィーによる設定示唆もある。

 小役については弱スイカ、強スイカ、強ベル、共通ベルと4役の出現率に設定差があり、常にカウントできる弱スイカ、強スイカ、強ベルの3役合算出現率は設定1:83.7分の1、設定2:83.1分の1、設定3:82.4分の1、設定4:79.4分の1、設定5:78.1分の1、設定6:76.8分の1。

 共通ベルはAT中のみのカウントに限定されるが、その数値は設定1:47.8分の1、設定2:47.6分の1、設定3:46.9分の1、設定4:40.9分の1、設定5:39.0分の1、設定6:37.2分の1と大きな数値差がある。

 これらは、いずれもマイスロに登録すればオートでカウントされる。実戦時は必ず活用して、立ち回りに役立てよう。

 なお、天井へはAT終了後1,200G消化で到達。その後はAT、もしくは約93%or約97%継続のプレミアムAT「天授の儀」が発動するので、大ハマり台は絶好の狙い目だ。


【注目記事】
パチスロ新台「超高速0G連」で完走を目指せ…初期ATは必ず100ゲーム以上の激アツ!!
パチンコ大当り「15/16継続」の爆裂マシンを創造…スペックにこだわるメーカー激アツ新台にも注目!! 
パチスロ意外と見つかる「激アツな狙い目」…ハマりのお陰で「サクッと1000枚」!?

パチスロ「6号機最強の自力感」…己の拳で展開が激変する人気シリーズ最新作「〇〇」に設定差大!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合