NEW

JRA C.ルメール「運命のいたずら」によって引き裂かれた5年前の記憶。オークス3着馬の妹に託されたクラシックへの再挑戦

JRA C.ルメール「運命のいたずら」によって引き裂かれた5年前の記憶。オークス3着馬の妹に託されたクラシックへの再挑戦の画像1
C.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I

「クラシックも絶対いけます」

 今から5年前の2017年2月。クイーンC(G3)をアドマイヤミヤビで勝利したC.ルメール騎手は、興奮気味にそう語った。新馬戦こそ2着に敗れたものの、そこから破竹の3連勝で重賞を制し、一躍クラシックへの主役候補に名乗りをあげたのだ。

 しかし、次戦の桜花賞(G1)の鞍上には、デビューからコンビを組んでいたルメール騎手の姿はなかった。なぜなら前年の阪神JF(G1)の覇者で、当時絶対的女王として君臨していたソウルスターリングを選んだからだ。

 本番では、パートナーと離れ離れになったアドマイヤミヤビに、M.デムーロ騎手が初めて跨ることになった。最終的に単勝2番人気に支持されるも痛恨のスタートミスが響き、最後方からほぼ何も出来ず12着と思わぬ大敗を喫した。

 その後、クラシック2戦目のオークス(G1)でも、状況が変わる事はなかった。前走と同じくデムーロ騎手とのコンビで、最後は怒涛の追い込みで3着に食い込む意地は見せたが、はるか先で1着にゴールしたのは、ルメール騎手とソウルスターリングだった。

 クラシックで結果を残したコンビが解散することは考えづらく、ルメール騎手とアドマイヤミヤビの再コンビ結成の可能性は、限りなく低いと思われた。

 ところが、運命は動き出す。

 オークスを制したソウルスターリング陣営は、秋の目標を秋華賞(G1)ではなく天皇賞・秋(G1)に定め、毎日王冠(G2)から始動することになったのだ。

 そんな経緯もあり、秋華賞を目標にローズS(G2)への出走を予定していたアドマイヤミヤビとルメール騎手の再コンビ結成が実現。レース直前の最終追い切りにも同騎手が駆け付け、復活の態勢は整ったかに見えた。

 しかし、ここで予想外のアクシデントが発生する。

JRA C.ルメール「運命のいたずら」によって引き裂かれた5年前の記憶。オークス3着馬の妹に託されたクラシックへの再挑戦のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合