NEW

JRA レシステンシア、メイケイエールに「共倒れ」の火種!? 高松宮記念(G1)で漁夫の利狙える特注馬は今もっとも「旬」なアノ馬!?

JRA 高松宮記念(G1)レシステンシア、メイケイエールが呼び込む「波乱」の火種、漁夫の利狙える特注馬は今もっとも「旬」なアノ馬!?の画像1
レシステンシア 競馬つらつらより

 18日から始まった選抜高等学校野球大会。今年も各ブロックの代表校が熱い戦いを繰り広げている。春はセンバツからというフレーズでもお馴染みだが、競馬ファンにとっての春は高松宮記念(G1)からといったところだろうか。

 今年はレシステンシア、グレナディアガーズ、サリオスといったG1馬3頭が出走を予定しているが、いずれも前走で手綱を取った騎手から乗り替わり。他にもメイケイエール、ダイアトニックなどの伏兵も侮れない存在だ。

 今週末の東海地方は雨模様の予報が出ており、舞台となる中京競馬場も馬場に少なからず影響を受けそうなことは残念であるが、高松宮記念に出走を予定している有力各馬の比較とレース展開を予想してみたい。

 最も注目したいのは前走で逃げた馬がいないことである。短距離戦では玉砕覚悟の逃げを打つ穴馬が、レースをかき乱すケースも珍しくないものの、今回はモズスーパーフレアやビアンフェのような何が何でも逃げというタイプはいない。

 好位抜け出しで前走を制したオーシャンS(G3)のジャンダルム、京都牝馬S(G3)のロータスランドもいるが、前者は出遅れ癖もあり、後者はスローペースで流れた前半を味方につけた勝利でもあった。

 となると、実力的にスピードの絶対値が違うレシステンシアとメイケイエールが押し出されて前々の競馬になりそうな感じ。控える競馬を試みているではないかという見方もあるが、2頭ともどちらかというと本来は気分よく行かせたときの方がいいタイプ。あくまで自分のリズムで走れるかどうかが、好走のカギを握っているだろう。

 ただ、メンバー的にどちらかがハナに立つ可能性が高い今回は、お互いの出方を見ながらの競馬が濃厚であり、それがマイナスに働くということも十分に考えられる。

JRA 高松宮記念(G1)レシステンシア、メイケイエールが呼び込む「波乱」の火種、漁夫の利狙える特注馬は今もっとも「旬」なアノ馬!?の画像2
メイケイエール 撮影:Ruriko.I

 そこで危惧するのは、やはりメイケイエールの制御の危うさである。前走のシルクロードS(G3)でチューリップ賞(G2)以来の勝利を挙げた同馬だが、それまでの“やんちゃぶり”を思うとあまりにもうまく行き過ぎたようにも映る。

 対するレシステンシアは既にモデルチェンジに成功しているため、現在なら逃げても控えても大きな割引とはならないはず。ライバルのメイケイエールが折り合いに苦しむようなら、あえて控える競馬で揺さぶりを掛けることも可能だ。

 ただ、レシステンシアにしてもペースが落ち着き過ぎると、今度は切れる脚がないという弱点がネックとなる。スローに落とし過ぎた3歳春のチューリップ賞で切れ負けして3着に敗れた苦い記憶は、陣営にも残っているはず。

 いずれにしても、メイケイエールの池添謙一騎手とレシステンシアの横山武史騎手にとっては、互いに厄介な存在となりそうだ。

JRA レシステンシア、メイケイエールに「共倒れ」の火種!? 高松宮記念(G1)で漁夫の利狙える特注馬は今もっとも「旬」なアノ馬!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合