NEW

JRA 武豊期待の「カネヒキリ級」素質馬にオメガパフューム弟も登場、「無敗馬」三つ巴バトルは高松宮記念(G1)より熱い!?

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊期待の「カネヒキリ級」素質馬にオメガパフューム弟も登場、「無敗馬」三つ巴バトルは高松宮記念(G1)より熱い!?の画像1

 27日、中京競馬場では高松宮記念(G1)が行われる。昨年のスプリントG1で3戦連続2着だったレシステンシアをはじめ、現役屈指の快速馬たちが集った一戦だ。今年2回目のG1ということもあり、楽しみにしているファンも多いだろう。

 さらに、日本時間の26日から27日にかけては、ドバイのメイダン競馬場でドバイワールドカップデーも開催される。日本から多数の馬が出走を予定しているため、競馬ファンにとっては、興奮冷めやらない週末となるだろう。

 そんな楽しみなG1レースが予定されている一方で、日本でも将来有望な3歳馬が集った注目レースが開催される。26日の中山10Rの伏竜S(L)だ。

 数少ない3歳ダートのオープンレースの1つで、過去の勝ち馬にはコパノリッキーやスーニ、また2018年の2着馬にはその年の最優秀ダート馬のルヴァンスレーヴなど、後のダートG1馬が名を連ねている。今年は特別登録の段階で9頭と寂しい気もするが、少数精鋭のメンバーが揃った印象がある。

 そして、このレースで主役候補と目されているのが、ダートで無敗を誇る3頭だ。

 まずは『netkeiba.com』の単勝予想オッズで、堂々の1番人気となっているホウオウルーレット(牡3歳、美浦・栗田徹厩舎)だ。

 デビュー戦は今回と同じ中山ダート1800mを逃げて、7馬身差の圧勝。走破時計の1分53秒4は、良馬場で行われた同舞台の新馬戦で歴代最速という折り紙つきだ。2戦目の黒竹賞(1勝クラス)も後続を1秒も千切り捨てる圧勝を収めた。

 初陣から2戦連続で中山ダート1800mを使われている点も、他の馬よりコースを経験しているアドバンテージがある。

 さらに、血統面ではダートG1を5勝しているオメガパフュームの半弟ということもあり、これからも伸びていきそうな素材だ。果たして3連勝を達成できるか。

 伸びしろという点では、武豊騎手のノットゥルノ(牡3歳、栗東・音無秀孝厩舎)もヒケを取らない素質の持ち主だろう。

 芝では2戦して4着、6着とパッとしなかったノットゥルノだが、ダートに転向した3戦目で才能が開花した。ダート初戦で後続に5馬身差の圧勝を遂げると、続く前走の1勝クラスでも武騎手が「力通りだったね」と振り返る内容で連勝し、一部のファンから早くもカネヒキリのようだという声も上がっていた。

 ダートでは未だに底を見せておらず、父がハーツクライということもあり、これから成長していきそうな1頭。初めての関東圏への輸送をクリアすれば、ホウオウルーレットを直線で差し切ることもあるかもしれない。

 同じ関西馬で忘れてはならないのが、紅一点で出走予定のデリカダ(牝3歳、栗東・吉田直弘厩舎)だ。

 阪神ダート1800mの新馬戦で2着に3馬身1/2差、3着には大差もついた圧勝。ひと息入れて挑んだ1勝クラスでも、牡馬相手に好位から抜け出しての快勝を収めている。

 新馬戦、1勝クラス共に2着に下した馬がカフジオクタゴンであるが、同馬はその後に未勝利戦を圧勝後に1勝クラスも勝っていることから、デリカダの高い実力に疑いの余地はない。牝馬だからといって馬券の対象から外すと痛い目を見そうだ。

 ここを勝てば、次は自ずとユニコーンS(G3)やジャパンダートダービー(G1)と重賞へと矛先が替わってくる。将来のダート戦線を背負う馬も出たレースだけに、G1だけではなく、ダートの無敗馬3頭が激突する伏竜Sにも注目したい。

(文=坂井豊吉)

<著者プロフィール>
全ての公営ギャンブルを嗜むも競馬が1番好きな編集部所属ライター。競馬好きが転じて学生時代は郊外の乗馬クラブでアルバイト経験も。しかし、乗馬技術は一向に上がらず、お客さんの方が乗れてることもしばしば……

JRA 武豊期待の「カネヒキリ級」素質馬にオメガパフューム弟も登場、「無敗馬」三つ巴バトルは高松宮記念(G1)より熱い!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合