NEW

JRA高松宮記念(G1)春G1の主役が「想定外」の急降下!? 重賞22連敗C.ルメール、川田将雅が不在でも本番前に「ズッコケ」の大ピンチ

【この記事のキーワード】, ,
JRA高松宮記念(G1)春G1の主役が「ぶっちぎり」の大赤字…… 重賞「22連敗」C.ルメール、川田将雅が不在でも福永祐一との「絶望的」な差の画像1
レシステンシア 撮影:Ruriko.I

 27日、中京競馬場では春のスプリント王決定戦・高松宮記念(G1)が行われる。

 昨年の優勝馬ダノンスマッシュ、昨秋のスプリンターズS(G1)を優勝したピクシーナイトの出走はないが、新たにグレナディアガーズとサリオスが参戦を予定。フェブラリーS(G1)に続く今年2度目のG1開催は、楽しみな一戦となりそうだ。

 主役を務めるのは、『netkeiba.com』の単勝オッズで1番人気の支持が予想されているレシステンシア(牝5、栗東・松下武士厩舎)である。未対決のライバルも出走してくるとはいえ、昨年の春秋スプリントG1でいずれも2着に入った実績はメンバー随一。晴雨兼用タイプの馬ということもあり、雨模様の予報も問題ないだろう。

 今回初めてコンビを組む横山武史騎手は、デビュー5年目の昨年にエフフォーリアとのコンビで大ブレイク。年間通じて重賞9勝の大活躍を見せ、G1・5勝はC.ルメール騎手と並ぶ最多だったのだから驚きだ。

 特に有馬記念(G1)を勝利したわずか2日後に、ホープフルS(G1)を制してG1を連勝した姿に「横山武時代」の到来を予感したファンも多かったに違いない。

 これから本格化していく春のG1戦線でもレシステンシア以外に、大阪杯のエフフォーリア、桜花賞のナミュール、皐月賞のキラーアビリティがスタンバイ。いずれも勝ち負けを期待できる有力馬である。

JRA高松宮記念(G1)春G1の主役が「ぶっちぎり」の大赤字…… 重賞「22連敗」C.ルメール、川田将雅が不在でも福永祐一との「絶望的」な差の画像2
横山武史騎手

 しかし、肝心の横山武騎手の調子が、一向に上がって来ていないことは少々不安だ。

 三日連続の開催に沸いた先週末の中央競馬は、計20鞍に騎乗したものの、わずか2勝に留まった。少し前ならそれほど気にすることもなかったかもしれないが、ノーザンファーム系のサポートを得た今は騎乗馬の質も急上昇。依頼を受けた20頭中15頭が3番人気内という豪華なラインアップだっただけに、期待を裏切った印象の方が強くなる。

 さらに2勝の内、1勝は単勝1.8倍の断然人気で2着に6馬身差をつけて圧勝したウィリアムバローズなのだから、言ってしまえば実質1勝のようなものだろう。

 ちなみに以下は、ノーザンファーム四天王といわれる4人の騎手の三日間開催における成績だ。

騎手 、成績、勝率、連対率、複勝率
川田将雅 5- 6- 2- 5/18、27.8%、61.1%、72.2%
福永祐一 4- 1- 3- 8/16、25.0%、31.3%、50.0%
ルメール 3- 3- 3-12/21、14.3%、28.6%、42.9%
横山武史 2- 3- 2-13/20、10.0%、25.0%、35.0%

JRA高松宮記念(G1)春G1の主役が「想定外」の急降下!? 重賞22連敗C.ルメール、川田将雅が不在でも本番前に「ズッコケ」の大ピンチのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合