NEW

JRA「単勝1倍台」グラスワンダーが、マンハッタンカフェが轟沈……「亡霊説」まで飛び出した日経賞(G2)の”魔物”に、今年の大本命馬タイトルホルダーが挑む

JRAグラスワンダーが、マンハッタンカフェが「単勝1倍台」で轟沈……「亡霊説」まで飛び出した日経賞(G2)の魔物に、今年の大本命馬タイトルホルダーが挑むの画像1
タイトルホルダー 撮影:Ruriko.I

 26日に中山競馬場で行われる今年の日経賞(G2)の主役は、昨年の菊花賞馬タイトルホルダー(牡4歳、美浦・栗田徹厩舎)だ。

 出走唯一のG1馬で、昨年の年度代表馬エフフォーリアを筆頭に「ハイレベル」といわれる4歳世代の代表格。『netkeiba.com』の事前予想では単勝1.4倍だが、有力馬のアリストテレスが回避したことで、当日はさらに人気を集めるかもしれない。

 最大の目標は春の天皇賞。先週の阪神大賞典(G2)を単勝1.2倍で制したディープボンドを西の大将とするなら、東の大将は間違いなくタイトルホルダーだろう。ここは本番へ向けて負けられない戦いになるはずだ。

 しかし、その一方で古くから日経賞は「魔のレース」としても知られている。JRAでも屈指の堅い重賞となる阪神大賞典とは異なり、この中山2500mの戦いは時として大本命馬が信じられないような負け方をする歴史を紡いできた。

 中でもファンが最も大きな衝撃を受けたのは、2000年のグラスワンダーの敗戦だろう。

 1998年の有馬記念(G1)で劇的な復活勝利を飾ったグラスワンダー。3歳で有馬記念を制した栗毛の怪物は、翌1999年5戦4勝2着1回というほぼ完ぺきな成績を収めている。

 安田記念(G1)こそ当時のマイル王エアジハードに後塵を拝したが、宝塚記念(G1)と有馬記念の両グランプリで同期のスペシャルウィークを撃破。この日経賞にはグランプリ連覇を含む3連勝で乗り込んできたのだから、ファンが単勝1.3倍に支持するのも当然だ。

 しかし、レースではこれまで通り中団から早め進出を開始したが、まったく伸びず……。連覇を飾った有馬記念と同舞台で本来の伸びを欠くと、10頭中6着という信じられない敗戦を喫した。当時を知る記者が語る。

「実はグラスワンダーは元々脚下に不安のある馬で、前年の有馬記念を勝った後にも脚部不安が出ました。その結果、予定されていた日経賞までまともに調教できず、当日は+18kg。これには主戦の的場均騎手も驚いていたようです。

この敗戦のダメージがあったのか、その後グラスワンダーは続く京王杯スプリングC(G2)で9着に大敗。グランプリ4連覇が懸かった宝塚記念でも6着に敗れて引退しています。『あの日経賞を使わなければ……』というのは、今でもファンの語り草の1つですね」(競馬記者)

 なお、グラスワンダーはデビュー戦から的場騎手がずっと手綱を取り続けたことで知られているが、最後のレースでは同期のエルコンドルパサーの主戦・蛯名正義騎手が手綱を握っている。

JRA「単勝1倍台」グラスワンダーが、マンハッタンカフェが轟沈……「亡霊説」まで飛び出した日経賞(G2)の”魔物”に、今年の大本命馬タイトルホルダーが挑むのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合