NEW

JRA「レースやり直し」矢作芳人厩舎1日2度目の3200mに呆然……「今思い返してもすごい経験」“世界の矢作”が味わった10年前のアウェーの洗礼

JRA矢作芳人厩舎「レースやり直し」1日2度目の3200mに呆然……「今思い返してもすごい経験」世界の矢作が味わった10年前のアウェーの洗礼の画像1

 26日にドバイのメイダン競馬場で開催されるドバイワールドカップデー。今年は過去最多となる22頭もの日本馬が出走を予定しており、4勝という快挙を飾った2月のサウジカップデーに続く大活躍が期待されている。

 中でも、日本だけでなく世界から注目を集めているのが、日本最多の4頭出しを行う矢作芳人厩舎だ。

 2019年に豪コックスプレート(G1)をリスグラシューで制し、昨年には米ブリーダーズCをラヴズオンリーユーとマルシュロレーヌで2勝。どちらも日本初の快挙であり、昨年は米国のJRA賞にあたるエクリプス賞も受賞した。先月のサウジカップデーでもステイフーリッシュがレッドシーターフハンデキャップ(G3)を勝利するなど、その勢いは最早日本だけに留まるレベルではない。まさに「世界の矢作芳人」である。

 そんな矢作厩舎だが、かつては幾度も海外で「アウェーの洗礼」に泣いた。

「日本の競馬では起こりえない」と多くのファン、そして関係者が今でも記憶しているのが、マカニビスティーで挑戦した2012年のドバイゴールドC(G3)だ。

「今思い返してもすごい経験やったなぁ」

『netkeiba.com』で好評連載中の『太論』にて当時の鞍上・小牧太騎手がそう振り返った一戦。マカニビスティーは重賞こそ勝てなかったものの、その年の日経新春杯(G2)で3着、前年の天皇賞・春(G1)で4着と、それなりに期待されている存在だった。

 予定通り13頭によって行われたレースで、スタートから果敢にハナに立ったのがマカニビスティー。レースの主導権を握った日本のステイヤーだったが、向正面に入ったところでレースそのものが、まさかの中止……。出走馬の1頭がスタート直後に故障し、コース上で倒れたまま動けなくなったのだ。

 一度スタートしたレースそのものが中止になる珍事。日本のJRAのレースでは前代未聞だが、小牧騎手曰く地方では過去にあったそうだ。しかし、これで終わらないのが、まさに海外特有の「アウェーの洗礼」である。

 なんと一度中止になったはずのドバイゴールドCが、同日のドバイワールドC(G1)後に再び行われることになったのだ。

JRA「レースやり直し」矢作芳人厩舎1日2度目の3200mに呆然……「今思い返してもすごい経験」“世界の矢作”が味わった10年前のアウェーの洗礼のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合