NEW

JRA高松宮記念(G1)惨敗続きから「岩田再生工場」で見事に復活! 2年前に取り逃したG1タイトル、ダイアトニックが父仔制覇に再挑戦

【この記事のキーワード】, ,

JRA高松宮記念(G1)惨敗続きから「岩田再生工場」で見事に復活! 2年前に取り逃したG1タイトル、ダイアトニックが父仔制覇に再挑戦の画像1

 27日、中京競馬場では高松宮記念(G1)が開催される。昨年このレースを制したダノンスマッシュは昨年末で引退、昨秋のスプリンターズS(G1)を制したピクシーナイトは故障休養中であり、短距離路線は王者不在の状況。電撃の6ハロン戦を制し、群雄割拠のスプリント界の頂点に立つのはどの馬だろうか。

 今年の高松宮記念では新進気鋭の4歳馬に注目が集まっている。現4歳世代、特にマイル・短距離組はレベルが高く、昨年も多くの馬が古馬混合重賞で結果を残した。今回は3頭の4歳馬が出走を予定しており、グレナディアガーズとメイケイエールの2頭に人気が集まりそうだ。

 一方、スプリント路線でしのぎを削ってきた古豪たちも、空位となった王者の座を虎視眈々と狙っている。特に注目したいのがダイアトニック(牡7歳、栗東・安田隆行厩舎)である。

 ダイアトニックは昨夏に函館スプリントS(G3)を制して以降、3戦連続2桁着順の大不振に陥っていた。

JRA高松宮記念(G1)惨敗続きから「岩田再生工場」で見事に復活! 2年前に取り逃したG1タイトル、ダイアトニックが父仔制覇に再挑戦の画像2
岩田康誠騎手

 しかし岩田康誠騎手との新コンビで臨んだ今年の京都金杯(G3)では、57.5kgのトップハンデを背負いながら4着に好走して復調気配を見せる。次走の阪急杯(G3)で久しぶりの重賞制覇を飾った。内ラチ沿いギリギリを強襲する少々危ない騎乗ではあったが、闘志溢れる鞍上の手腕によって見事な復活を遂げた。

 また、ダイアトニックの阪急杯勝利は、父・ロードカナロアとの父子制覇となった。父を世界のスプリント王へ導いた岩田康騎手×安田隆行師のタッグで、今度は高松宮記念での父仔制覇を狙う。

 実は同馬にとって高松宮記念は因縁のレースともなる。2020年に出走した際は番手につけてレースを進めると、直線でしぶとく脚を伸ばし、先頭を捉える勢いであった。だが、残り100mのところで、外から斜行してきたクリノガウディーによって進路を失い、大きく減速。4位での入線となった。

 斜行したクリノガウディーは1位入線したものの4着に降着、ダイアトニックは3着となった。1着のモズスーパーフレアは斜行の影響で接触こそあったが大きな不利は受けず、2着のグランアレグリアは外から差してきたため不利は全くなかった。結果、ダイアトニックが最も斜行の割を食う形となってしまい、「不利が無ければ勝っていた」という声も多かった。

 昨年はロードカナロア産駒のダノンスマッシュが制覇した高松宮記念、2年連続の父子制覇となるのか。父の背中を知る名手と共に、ダイアトニックが2年越しのリベンジを狙う。

(文=エビせんべい佐藤)

<著者プロフィール>

 98年生まれの現役大学院生。競馬好きの父の影響を受け、幼いころから某有名血統予想家の本を読んで育った。幸か不幸か、進学先の近くに競馬場があり、勉強そっちのけで競馬に没頭。当然のごとく留年した。現在は心を入れ替え、勉強も競馬も全力投球。いつの日か馬を買うのが夢。

JRA高松宮記念(G1)惨敗続きから「岩田再生工場」で見事に復活! 2年前に取り逃したG1タイトル、ダイアトニックが父仔制覇に再挑戦のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合