NEW

JRA大阪杯。年度代表馬エフフォーリアを襲う父エピファネイアの呪い…。最強伝説に立ちふさがる壁とは?

【この記事のキーワード】, ,
JRA大阪杯。年度代表馬エフフォーリアを襲う父エピファネイアの呪い…。最強伝説に立ちふさがる壁とは?の画像1
昨年は人気のコントレイル、サリオスらが敗退。今年はどうなる?

●大阪杯は早くも波乱含み…

 春競馬の開幕を告げる高松宮記念(G1)とドバイワールドカップ(G1)が終わり、今週は春のG1シリーズ2戦目となる大阪杯(G1)が行われる。

 この大阪杯には昨年のJRA年度代表馬エフフォーリアが今年初戦を迎えることもあり、2022年の古馬戦線を占ううえでも、最大級の注目レースといえよう。大阪杯に出走せずドバイ遠征を選択したシャフリヤールとの対決は宝塚記念などに持ち越されるが、それもエフフォーリアが結果を出してこそ盛り上がるもの。ゆえにここは負けられない一戦とみる向きが多い。

 確かにその実力は誰も疑う者はいないだろうが、一つ懸念材料がある。それが父エピファネイアの呪い、いわゆる成長力だ。

 エピファネイアはディープインパクトやキングカメハメハの後継種牡馬として期待され、今年の種付け料は1800万円と高額。これは国内種牡馬の中でも最高額であるが、産駒の成績を見てみると気になる点がある。古馬になっての成績である。

 無敗で牝馬三冠を達成したデアリングタクトは、4歳になって2戦未勝利で怪我もあって戦線離脱。菊花賞2着アリストテレスも4歳初戦のアメリカJCC(G2)を勝利したものの、その後6戦未勝利。同じく菊花賞2着オーソクレースも4歳初戦で敗退し、怪我で戦線離脱。他の馬を見ても、全体的に4歳以降は成績が落ちる傾向にある。

 そんな状況においてエフフォーリアがその逆境を乗り越えることができるのか。父エピファネイアの成長力は、この大阪杯において最も重要なテーマとなろう。

 今年の大阪杯は横山武史騎手が騎乗するエフフォーリアが中心も、金鯱賞(G2)快勝のジャックドール、昨年の優勝馬レイパパレ、エリザベス女王杯(G1)馬アカイイト、京都記念(G2)で初重賞制覇を成し遂げたアフリカンゴールド、横山典弘騎手が不気味なキングオブコージ、さらにウインマリリン、ヒシイグアス、マカヒキ、アリーヴォなど好メンバーが揃った。

JRA大阪杯。年度代表馬エフフォーリアを襲う父エピファネイアの呪い…。最強伝説に立ちふさがる壁とは?の画像2
今年も波乱の決着となるのか?エフフォーリアが飛べばこんな払戻も…

 昨年はコントレイル、グランアレグリア、サリオスの3強が敗退して3連単は10万6210万円という高額万馬券が飛び出している。今年はどんな結末になるのか探っていたところ、現役の競馬関係者と密接な関係にある「シンクタンク」から興味深い話を聞いた。

「確かにエフフォーリアの実力は語るまでもなく、現役最強馬と言っても過言ではありません。

 大阪杯は今年の復帰初戦となりますが、今やこの手の『ブッツケでG1』はノーザンファームにとってお手の物。死角を挙げるとすれば、初めての関西圏の競馬で長距離輸送があることですが、それでも主役級であることに異論はないでしょう。

 そんな現役最強馬に挑む新星が現在5連勝中のジャックドールです。

 G1初挑戦、中2週で今年3戦目と詰まったローテーションなど、クリアすべき課題は多いものの、『積んでいるエンジンが違う』と高い関係者の評価があった素質馬。

 トモの緩さが解消したことで本格化し、そのレース振りは、かつて武豊騎手が『逃げて差す』と評した『サイレンススズカを彷彿とさせる』との声もあるほど。

 金鯱賞をレコード勝ちしたことで評価はさらに上昇、世間ではエフフォーリアと“2強ムード”が強まってきています。

 しかし、そう短絡的に決まらないのが競馬の面白さであり難しさ。

 思い起こせば、去年の大阪杯も戦前はコントレイルとグランアレグリアの“2強ムード”でしたが、終わってみれば4番人気レイパパレが制し、2着には6番人気モズベッロが食い込む結果となりました。

 実はこの番狂わせに見える結果も、競馬界の裏事情をよく知る関係者にとっては驚きではなかったのです。

 レイパパレは打倒コントレイルにノーザンファームが送り込んだ秘密兵器。ノーザンファームの生産馬は2018年から4年連続で大阪杯を制しているのも、決して偶然ではなく、大阪杯を考える上でノーザンファームの思惑は決して外せないポイントなのです」(シンクタンクのスタッフ)

 なるほど確かに過去の優勝馬を見てみると、レイパパレ、ラッキーライラック、アルアイン、スワーヴリチャードとノーザンファームの生産馬がズラリ。しかもそのうち1番人気で勝利したのはスワーヴリチャードのみであり、これは完全な盲点だ。

「今年もノーザンファームの情報と思惑を正確に把握すること、そして各馬の状態、展開、枠順、馬場状態などをしっかり把握できれば、的中は目前です。

もちろんシンクタンクではそのための態勢が整っており、情報収集はレース当日の朝まで実施し、万全に万全を期したうえで最終結論を下します」(シンクタンクのスタッフ)

 彼らはさらっと話しているが、これは非常に重要な情報だ。通常スポーツ紙や競馬専門紙の記者は、編集や印刷のスケジュール、そして搬送といった制約があり、予想に最終的な情報や馬場状態を加味することができない。ゆえにレース当日になって、新聞の印ではない馬を買うというケースも多くみられる。

 しかしシンクタンクのようにレース当日まで情報収集や天候の確認を徹底していれば、より万全な最終結論になるからだ。

「今年も多くの的中をお届けしており、フェブラリーS(G1)では3連複1万6200円の万馬券的中もファンにお届けしました。他にも大阪杯の前哨戦である金鯱賞(G2)の万馬券も的中させていますし、大阪杯も過去5年で万馬券を含む3度の的中となっております。

 今年の大阪杯もかなり期待できる状況となっており、ぜひ多くの競馬ファンにシンクタンクの情報をお届けしたいと考えています。

 そこで【大阪杯で買うべき馬券候補5頭】を、特別に無料で提供することになりました。

 しかもこの大阪杯だけでなく、同じ週末に行われるダービー卿CT(G3)、そして来週の桜花賞や皐月賞、天皇賞・春など次週以降すべてのG1や重賞情報を無料で提供します。ぜひこの機会にシンクタンクの情報を活用してください」(シンクタンクのスタッフ)

JRA大阪杯。年度代表馬エフフォーリアを襲う父エピファネイアの呪い…。最強伝説に立ちふさがる壁とは?の画像3
平井雄二氏率いる重賞メイン特捜部の最終結論は必見!

 シンクタンクは、競馬界の大御所であり数々の金字塔を打ち立てた増沢末夫(元JRA騎手・元JRA調教師)、あらゆる競馬情報を知り尽くし【重賞メイン特捜部】を統括する平井雄二(元JRA調教師)、そして安田富男(元JRA騎手)、中野渡清一(元JRA騎手・元JRA調教師)など知る人ぞ知る本物の競馬関係者が数多く所属。その人脈、情報力は業界屈指であり、これまでの的中実績からも、この大阪杯はかなり期待できるとみていい。

 2021年のG1シーズンは思うような結果が出なかったファンも多いだろう。昨年と同じ轍を踏まないためにも、今度こそ競馬で勝ち組となるためにも、今年は「シンクタンク」を徹底的に活用して勝負に挑もうではないか。
CLICK→無料公開!【大阪杯「買うべき5頭!」次週からの全てのG1・重賞情報】シンクタンク

※本稿はPR記事です。

JRA大阪杯。年度代表馬エフフォーリアを襲う父エピファネイアの呪い…。最強伝説に立ちふさがる壁とは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  7. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  8. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々