NEW

JRA高松宮記念(G1)スプリント王「不在」は波乱のサイン!? 1200m「G1馬ゼロの法則」から浮上するのは実績皆無のあの馬

【この記事のキーワード】, ,

JRA高松宮記念(G1)スプリント王「不在」は波乱のサイン!?  1200m「G1馬ゼロの法則」から浮上するのは実績皆無のあの馬の画像1

 今年の高松宮記念(G1)は好メンバーが揃った。

 昨年の2着馬で、香港スプリント(G1)2着の実績があるレシステンシア、阪神C(G2)優勝馬グレナディアガーズ、コントレイル世代No.2といわれたサリオス、シルクロードS(G3)のメイケイエール、阪急杯(G3)のダイアトニック、オーシャンS(G3)のジャンダルム、京都牝馬S(G3)のロータスランド、そして幻の高松宮記念優勝馬クリノガウディーなど、春のG1シーズン開幕に相応しい顔ぶれといえよう。

 だが、このメンバーを見て気付いたことがあるのではなかろうか。そう、芝1200mスペシャリストの称号と言うべき「1200mのG1レースを勝った馬」が不在なのである。

 短距離王決定戦にも関わらず、1200mのG1勝ち馬が不在というのはなかなか稀なこと。実際に過去15年を見ても、同様のケースは2014年のみで、その前は2006年まで遡る。まさに数年に1度の珍事なのである。

 確かに1200mのG1レースは少なく、高松宮記念とスプリンターズS(G1)しかないが、昨年のメンバーはダノンスマッシュ、モズスーパーフレア、セイウンコウセイと1200mのG1勝ち馬が3頭出走していた。

 今回そのスペシャリストが不在の要因は2つ。まず昨年のスプリンターズSを勝利したピクシーナイトが、暮れの香港スプリントで落馬事故に巻き込まれて骨折し、戦線離脱していること。もう一つは、ここ数年の高松宮記念やスプリンターズSを勝利した馬が、昨年から今年にかけて引退したからだ。

 過去に高松宮記念を制したダノンスマッシュ、モズスーパーフレア、セイウンコウセイ。そしてスプリンターズSを勝利したグランアレグリアも引退し、一気に1200mのG1勝ち馬4頭がターフから離れている。

 さてそんな1200mのスペシャリストが不在となる今年の高松宮記念。世代交代を感じさせる状況だが、それがこのレースを混沌とさせている要因ともいえよう。今回は同様のケースであった2014年と2006年を振り返り、どんな馬が制し、どんな馬が上位に好走したのか検証。過去の傾向から今年の注目馬を探ってみた。


■2006年 高松宮記念(G1)

1着 オレハマッテルゼ (4人気)
2着 ラインクラフト  (2人気)
3着 シーイズトウショウ(3人気)


■2014年 高松宮記念(G1)

1着 コパノリチャード (3人気)
2着 スノードラゴン  (8人気)
3着 ストレイトガール (1人気)


 2006年の勝ち馬オレハマッテルゼは6歳牡馬で重賞未勝利、しかもデビュー以来初の1200m戦という経歴。それでも京王杯SC(G2)2着、阪急杯3着と1400mの重賞で好走しており、高松宮記念でも4番人気と上位に評価されていた。

 同年の2着ラインクラフトは桜花賞(G1)とNHKマイルC(G1)の優勝馬だが、こちらもこの高松宮記念が初めての1200m戦。また3着のシーイズトウショウは、重賞を3勝するなど1200m戦を得意としていた。

 つまり上位2頭は別の距離で実績があった馬。シーイズトウショウのように1200mを得意とした馬がいても、G1勝ち馬でなければ別路線組が上だったということになる。


 続いて2014年を見てみると、優勝馬コパノリチャードは4歳牡馬で重賞3勝と実績はあったものの、同馬も1200m戦は初めてという経歴。しかし1400mのスワンS(G2)と阪急杯を制しており、3番人気と高い支持を集めていた。

 一方で2着スノードラゴンは1200mで5勝、3着ストレイトガールは全8勝が1200m戦と、この距離に特化した成績であった。

 なおこの2年とも1番人気(2006年シンボリグラン、2014年ストレイトガール)は敗退しているが、2頭とも1200mに実績が偏っており、芝1400m以上の重賞で好走実績がなかった。

JRA高松宮記念(G1)スプリント王「不在」は波乱のサイン!? 1200m「G1馬ゼロの法則」から浮上するのは実績皆無のあの馬のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合