NEW

JRA 藤田伸二氏も、JRA公式も、岩田康誠「爆弾発言」にタジタジ!? 武豊「反則級スタート」も17着大敗…「トリプル斜行」で戸崎圭太も福永祐一も嘆き節【週末GJ人気記事ぶった斬り!】

【この記事のキーワード】, ,
JRA 藤田伸二氏も、JRA公式も、岩田康誠「爆弾発言」にタジタジ!? 武豊「反則級スタート」も17着大敗…「トリプル斜行」で戸崎圭太も福永祐一も嘆き節【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像1
撮影:Ruriko.I

 様々なGORAKUを心から愛する「GJ」。今週も人気だった競馬記事を、下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみた!!

JRA 藤田伸二氏も、JRA公式も、岩田康誠「爆弾発言」にタジタジ!? 武豊「反則級スタート」も17着大敗…「トリプル斜行」で戸崎圭太も福永祐一も嘆き節【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像2
岩田康誠騎手

藤田伸二氏も、JRA公式も、岩田康誠「爆弾発言」にタジタジ…!? 生中継「全国の皆さん、炎上の岩田です」中央競馬が取った対応は?

ライター「A」:先週は「岩田劇場」でしたね(笑)。

デスク「Y」:見た見た(笑)。普段あまり取材を受けない岩田康誠騎手だけど、最近は調子が良いから、メインレースを勝ってインタビューを受ける機会も増えたよね。

ライター「A」:「全国の皆さん、炎上の岩田です」って言ってましたけど、JRAの公式動画ではカットされてたそうですよ。

デスク「Y」:まあ、そうなるだろなあ(笑)。岩田康騎手って去年の藤懸貴志騎手の件もあって怖くて、ちょっとおかしい人っていうイメージあるけど、周りの関係者に話聞くと全然そんなことないんだよね。元々、兵庫県の園田で乗ってただけのことはあって、奇想天外な行動のほとんどがギャグっていうコテコテの関西人らしいよ。

ライター「A」:「炎上の岩田です」も一見、挑発的な発言に見えますし、元JRA騎手の藤田伸二さんも「敵を増やす受け答え」と心配されていたそうですが、周囲の報道陣からは笑いが起きていたとか。

デスク「Y」:そうなんだよね。でも、今の時代って冗談を冗談に受け取ってくれないじゃん? ちょっと過激なことを言うと、すぐ真に受け取られて炎上するっていうか。もちろん、冗談でも言っちゃいけないことってあると思うけど、最近はちょっと厳しすぎるというか、いろいろ過敏だよね。

ライター「A」:我々もいろいろ気を付けないと……。

デスク「Y」:岩田康騎手だけじゃなくて、おじさんにとっては世知辛い世の中だよ(笑)。昔は冗談で済んでいたことが、ギャグとして扱ってもらえなくなってる。岩田康騎手もそんな時代の波に取り残されたおじさんの1人なんだろうね。

ライター「A」:まあ、時代がどんどん変わっていってますからね。

デスク「Y」:そこに来て、岩田康騎手は過去の発言とか、ガッツポーズの件とかでもマイナスのイメージを持たれてるじゃん? そうすると何を言っても悪い風にしか取ってもらえなくなるんだよね……。

ライター「A」:わかります。同じ言葉でも違う人が言ったら、全然違う風に捉えられますもんね。

デスク「Y」:そうそう。同じ「おつかれさまでした」でも、仲の良い人なら「また明日」ってなるんだけど、そうじゃない人だったら「先に上がりやがって」ってなる。例え笑顔で言っても「へらへらしてんじゃねえ」「何笑ってんだ」って思われるもん。人の印象とか、価値観なんて紙一重なんだけどね。

ライター「A」:ましてや記事だけでなく、TwitterやLINEなんかの文字だと余計に真意が伝わりづらいですよね。そこは文字を扱うプロとしてホント気を付けてるところです。

デスク「Y」:もう少し寛容な世の中になってくれたらねえ。

ライター「A」:デスクも典型的な時代遅れというか、時代錯誤の人間ですもんね(笑)。

デスク「Y」:いやあ、厳しい発言に“愛”を感じるわああ。


JRA武豊「反則級スタート」も17着大敗……天皇賞・秋(G1)キタサンブラックで見せた後世に語り継がれる「ユタカマジック」の凄み

ライター「A」:先週のファルコンS(G3)ですが、武豊騎手のデュガは17着に大敗してしまいました。

デスク「Y」:めちゃくちゃいいスタートと思ったんだけど、ゲートの前扉にぶつかってたんだって?

ライター「A」:武豊騎手にとっても想定外の“ロケットスタート”だったようです。

デスク「Y」:全馬が収まってからゲートが開くタイミングって、その時々で違うもんね。あれをポンと出るのは、ホント難しいと思う。

ライター「A」:先週のスプリングS(G2)でも、1番人気のアサヒがゲート内で暴れて、一瞬ゲートを開くのを遅らせましたもんね。

デスク「Y」:だったね。我々みたいに外からゲート全体が見える人からすれば、何が起こってるのかすぐにわかるけど、中にいるジョッキーにとっては何故開かないのかわからない時もあるだろうし。

ライター「A」:記事では、過去に武豊騎手のキタサンブラックが同じようにゲートの前扉に突っ込んで出遅れましたが、それを見事な逆転勝利に導いた天皇賞・秋(G1)の騎乗がクローズアップされています。

デスク「Y」:あれは神騎乗だったねえ。1頭だけ馬場の悪いインに潜り込ませてさあ、最後の直線でいきなり先頭集団にいたときは、一瞬何が起こったのかわからなかったよ。

ライター「A」:当時の報道でも「ワープした」と言われていましたね。

デスク「Y」:そうそう。まさにユタカマジック!

ライター「A」:キタサンブラックにとっては、春の宝塚記念(G1)で不可解な敗戦を喫したばかりのレースでしたからね。武豊騎手も「絶対に負けられないレースだった」と振り返っています。

デスク「Y」:あれで勝っちゃうのが、まさにスターだよね。また北島三郎オーナーの“まつり”聞きたいなあ。

ライター「A」:僕、音源持ってますよ。貸しましょうか? 今年、サブスク解禁されたんですよ。

デスク「Y」:いや、そういう話じゃないんだよね……。

JRA 藤田伸二氏も、JRA公式も、岩田康誠「爆弾発言」にタジタジ!? 武豊「反則級スタート」も17着大敗…「トリプル斜行」で戸崎圭太も福永祐一も嘆き節【週末GJ人気記事ぶった斬り!】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合