NEW

JRA岩田康誠「勝たなアカン! 見とけよ!」からの赤っ恥……“トライアル請負人”が2億7000万円馬で果たしておきたいリベンジとは

【この記事のキーワード】, ,
JRA岩田康誠「勝たなアカン! 見とけよ!」からの赤っ恥……トライアル請負人が2億7000万円馬で果たしておきたいリベンジとはの画像1
岩田康誠騎手

「いやいや、権利じゃないんです。勝つために来てるんで」

 先週19日、若葉S(L)をデシエルトで制した岩田康誠騎手の勝利騎手インタビューが、大きな物議を呼んだ。皐月賞(G1)への権利がかかった大一番で、鮮やかな逃げ切り勝ちを決めたにも関わらず、競馬ファン達の間で賛否の声が沸き上がった。

 翌20日にも、同じくトライアルレースのスプリングS(G2)をビーアストニッシドで制した同騎手。2日連続となった勝利騎手インタビューに大きな注目が集まった。ここでは発言内容についてはカットするが、いい意味でも悪い意味でも先週末は「岩田デー」となった。

 インタビューの態度や言葉選びが適切ではなかったかもしれないが、トライアルレースというクラシックへの出走権がかかる大一番で、ここぞとばかりに役目を果たすのだから、陣営にとっては心底頼もしい存在に違いない。

 そんな「トライアル請負人」の岩田康騎手には、今週末もクラシックへ向けての大一番が控えている。26日は阪神競馬場で行われる毎日杯(G3)にホウオウプレミア(牡3、美浦・奥村武厩舎)とのコンビで出走を予定しているからだ。

 トライアルレースではないものの、近年の勝ち馬のなかには皐月賞を勝ったアルアイン、日本ダービー(G1)を勝ったキズナやシャフリヤールなどがおり、クラシックに直結する超出世レースでもある。

 ホウオウプレミアは、その名が示す通り冠名「ホウオウ」で知られる小笹芳央オーナーが、2019年の当歳セレクトセールにて2億7000万円(税別)で落札した超高額馬としても有名だ。さらには先週、若葉Sを勝利したデシエルトと従兄弟関係にあたる。

 新馬戦こそ快勝したものの、ここ2戦は勝ち切れないレースが続いている。特に、岩田康騎手とのコンビで臨んだ前走の京成杯(G3)では、道中折り合いを欠いてしまい、勝負所で後退する場面も。最後は必死に後方から追い込んだものの6着に敗れた。

 内容が今一つだったこともあり、管理する奥村武調教師は「見てのとおりです。後手後手で競馬になっていません」とレース後に珍しく鞍上への不満を示したほどだ。

 しかし、奥村武師が思わず愚痴をこぼしたくなったことには、それなりの訳があった。

 京成杯前の最終追い切り後、『サンケイスポーツ』の取材に対し岩田康騎手が「勝たなアカン! 見とけよ!」と自信を覗かせる発言をしていたからだ。ところがその強気な発言とは裏腹に、レースでは勝ち負けどころか掲示板(5着以内)にすら載れない結果……陣営の期待を裏切る格好になってしまった。

 それでも今回、岩田康騎手に継続騎乗の依頼が来たという事は、陣営の信頼を回復させるチャンス到来と言っていいだろう。相手は強敵揃いだが、クラシック出走へ賞金加算という面では、今度こそ勝ち負けが求められる。

 皐月賞はデシエルトとのコンビで向かう事が決まっている岩田康騎手だが、先週のインタビューにもあった「勝つために来ている」という力強い言葉通り、毎日杯でもホウオウプレミアとともに「大物食い」を虎視眈々と狙っているはずだ。

(文=ハイキック熊田)

<著者プロフィール>
ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

JRA岩田康誠「勝たなアカン! 見とけよ!」からの赤っ恥……“トライアル請負人”が2億7000万円馬で果たしておきたいリベンジとはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合