NEW

JRAリーディング首位・川田将雅との差は「10」…「鬼の居ぬ間」にプレッシャーをかけたい2位・岩田望来、最大の敵は父・岩田康誠!?

【この記事のキーワード】, ,
JRAリーディング首位・川田将雅との差は「10」…「鬼の居ぬ間」にプレッシャーをかけたい2位・岩田望来、最大の敵は父・岩田康誠!?の画像1
岩田望来騎手 撮影:Ruriko.I

 27日に中京競馬場で行われる高松宮記念(G1)。ここからJRAの春のG1戦線が幕を開ける。

 その裏で、この週末は海の向こうでも大きなお祭りが開催される。アラブ首長国連邦・ドバイで行われる競馬の祭典『ドバイワールドカップデー』だ。日本で馬券が発売されないレースも含めると、計8レースに合計22頭の日本馬が参戦するとあって、こちらも大きな注目を集めている。

 それだけの日本馬が海を渡るということは、日本のジョッキーもドバイへ乗り込んでいるということ。騎手リーディングトップの川田将雅騎手と3位のC.ルメール騎手をはじめ、坂井瑠星騎手や吉田豊騎手、そしてM.デムーロ騎手といった計5名がこの週末は日本を離れている。

 リーディングトップ3のうち2人が不在とあって、大きなチャンスを迎えているのが4年目の岩田望来騎手だ。

 今年はすでに37勝を挙げており、3月の時点で早くもルーキーイヤーの年間の勝ち星に並んだ。京都牝馬S(G3)で悲願の重賞初制覇を成し遂げた勢いそのままに、昨年のリーディングジョッキーであるルメール騎手を抑え、川田騎手とは10勝差の2位という好位置につけている。

 もちろん、騎乗数を見ると川田騎手が161回、ルメール騎手は137回に対して岩田望騎手は228回。勝率にすれば2人には敵わないが、その分数多く乗ることで白星を積み上げてきた。この週末も土日ともに9鞍、計18頭に騎乗予定。トップとの差をどれだけ詰めることができるか、注目が集まる。

JRAリーディング首位・川田将雅との差は「10」…「鬼の居ぬ間」にプレッシャーをかけたい2位・岩田望来、最大の敵は父・岩田康誠!?の画像2
岩田康誠騎手

 そんな中、岩田望騎手にとって最も厄介な存在となりそうなのが、父・岩田康誠騎手である。

 先週は19日にデシエルトで若葉S(L)を勝利すると、20日にはビーアストニッシドでスプリングS(G2)も制覇。2日続けて皐月賞トライアルのメインレースを勝ち、レース後インタビューで炸裂した“岩田節”も大きな話題を呼んだ。

 岩田望騎手の37勝に対して、岩田康騎手の今年の勝ち星は17。その差は「20」あるとはいえ、数字に表れない“勝負強さ”に関しては現役屈指のものを誇る。

 例えば上述したスプリングSも、ゴール前は写真を見ても判断に迷うようなハナ差の決着。つかまえに来たアライバルとルメール騎手の追撃を最後までしのぎ切り、ギリギリのところで勝利をもぎ取った。

 また、先週の騎乗の中で最も勝負強さが発揮されたのが21日の中山6Rだ。

JRAリーディング首位・川田将雅との差は「10」…「鬼の居ぬ間」にプレッシャーをかけたい2位・岩田望来、最大の敵は父・岩田康誠!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合