NEW

パチスロ「千円で100G!? 通常時の異常なコイン持ちに驚愕」~4号機名機伝説~ 『スーパーヘビーメタルA』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.86】

パチスロ「千円で100G!? 通常時の異常なコイン持ちに驚愕」~4号機名機伝説~ 『スーパーヘビーメタルA』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.86】の画像1 2号機から3号機の時代、怒濤の集中役「アラジンチャンス」で一世を風靡した初代『アラジン』を筆頭に、いわゆるA‐C機を立て続けにリリースしたサミー工業(現・Sammy)。

 その初の4号機となるマシンもまた、集中役を搭載したA‐C機だった。1994年初頭にリリースされた、「スーパーヘビーメタルA」である。パチスロ「千円で100G!? 通常時の異常なコイン持ちに驚愕」~4号機名機伝説~ 『スーパーヘビーメタルA』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.86】の画像2 黒&ヘビ柄を基調としたハードなビジュアルや機種名からも伺えるとおり、本作がモチーフとしているのは、ロック音楽のジャンルのひとつ、「メタル」である。

 ただ、ロックミュージシャンの端くれとして、そのジャンルに40年関わってきた者としては、機種名の「ヘビーメタル」という表記には、どうも違和感を禁じ得ない。

 実際のところ、一般のマスコミなどでは「ヘビーメタル」と表記したり、あるいは「ヘビメタ」と略すことが多いのだが、正しくは「ヘヴィメタル」。音専誌などでは、必ずそう表記する。

 だから、このマシンが登場した頃はよく、「ヘビーメタルじゃなくて、ヘヴィメタルだろ、バカヤロー!!」と、ことあるごとに憤ったものだ。

 …と、初っぱなから余計な話で文字数を稼いでしまって申し訳ない。本題に入ろう。

 仕様は、先に登場した『チェリーバー』や『ソレックス』、そして『プレイガールV』と同様、出玉獲得の要となるのはビッグとシングルボーナスの集中役。REGは搭載していない。

パチスロ「千円で100G!? 通常時の異常なコイン持ちに驚愕」~4号機名機伝説~ 『スーパーヘビーメタルA』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.86】の画像3<スペックは、集中役搭載機らしくビッグ確率は控えめに抑えられているが、かといって集中役もさほど高確率とはいえず、「どちらに重きを置いているか判然としない」というのが正直なところ。パチスロ「千円で100G!? 通常時の異常なコイン持ちに驚愕」~4号機名機伝説~ 『スーパーヘビーメタルA』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.86】の画像4実際、ホールで見せた挙動も、スペックのとおりビッグの連続性も高くなければ、集中役での一撃大量獲得もなく、非常にまったりとしたものだった。

 そんな、つかみどころに欠けるゲーム性の本作だったが、意外なところに見所はあった。通常時のコイン持ちが、異常なほどによかったのである。

パチスロ「千円で100G!? 通常時の異常なコイン持ちに驚愕」~4号機名機伝説~ 『スーパーヘビーメタルA』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.86】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合