NEW

JRA【大阪杯(G1)展望】王者エフフォーリアVS超新星ジャックドール! 盤石の現役最強馬の前に突如現れた5連勝合計「12馬身半差」の刺客

【この記事のキーワード】, ,
JRA【大阪杯(G1)展望】王者エフフォーリアVS超新星ジャックドール! 盤石の現役最強馬の前に突如現れた5連勝合計「12馬身半差」の刺客の画像1
エフフォーリア 撮影:Ruriko.I

 4月3日、阪神競馬場では第66回大阪杯(G1)が行われる。G1に格上げされて6年目の今年は、18頭がエントリーした。4年ぶりにフルゲート16頭による戦いが見られそうだ。

 登録18頭のうちG1馬は4頭だけ。そのうち唯一G1を2勝以上しているのが大本命のエフフォーリア(牡4歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)だ。

 7戦6勝、うちG1が3勝という実績から、27日現在『netkeiba.com』の予想オッズでは1.3倍という断然人気に支持されている。

 昨年は無傷の4連勝で皐月賞(G1)を制覇。2冠を懸けた日本ダービー(G1)はシャフリヤールにハナ差負けを喫したが、秋には古馬を相手にG1を2連勝。特に“現役最強馬決定戦”と呼ばれた天皇賞・秋(G1)では、コントレイルとグランアレグリアを寄せ付けない完勝だった。

 前走の有馬記念(G1)は、エフフォーリアにとって決してベストとはいえない距離だったが、ディープボンド以下を力でねじ伏せて、令和の歴史的名馬への道を歩んでいる。

 古馬になっての初戦は予定通り、大阪杯から始動。順調なら次走は宝塚記念(G1)を視野に入れている。前走後はノーザンファーム天栄でリフレッシュ。今月4日に美浦トレセンに帰厩し、調整が進められてきた。

 26日までに美浦坂路と南ウッドで、3本ずつ速い時計を出しており、至極順調。ただし、1週前追い切りに跨った横山武史騎手は『日刊スポーツ』の取材に対し「時計だけ見たらすごくよく見えるんですけどね。もっとすっと動けるはず、という気がします」と、愛馬に求めるレベルは高い。

 それも当然だろう。「どの馬とも負けたくないですけど、この馬とはより一層負けたくない」とも語っているように、有力馬が次々と引退した今、簡単に負けることは許されない立場にいる。

 ただ、不安要素が全くないというわけではない。管理する鹿戸調教師は19日に掲載された『Number Web』のインタビューで不安に感じている部分を聞かれ、こう答えている。

「強いていえば初めての長距離輸送になる点でしょうか。放牧の際も最初の頃は多少ガタガタしていましたから」

 初の長距離輸送に加え、7戦というキャリアは4歳馬としては浅い部類。古馬初戦で更なる伸びしろを見せることはできるのか。それとも長距離輸送が落とし穴になる可能性はあるのか。その走りに注目が集まる。

 打倒エフフォーリアに燃える最右翼がジャックドール(牡4歳、栗東・藤岡健一厩舎)だ。

 デビューからの9戦すべてが2000mという“スペシャリスト”で、阪神コースも2度経験。昨年4月の未勝利戦では9馬身差の圧勝を収めている。

 ジャックドールが本格化の兆しを見せたのは昨秋だった。9月の1勝クラスで2勝目を挙げると、前走・金鯱賞(G2)まで破竹の5連勝。その5戦で2着馬につけた「12馬身半」という着差からも目下の充実ぶりがわかる。

 特に重賞初挑戦となった前走はマイペースの逃げを打つと、最後まで後続に影を踏ませず。勝ちタイムの1分57秒2は、従来の記録を1秒1も更新する衝撃的なレコードだった。

 父モーリスは古馬になってから本格化。4歳春に4連勝で安田記念(G1)を制覇すると、その後もマイルCS(G1)、香港マイル(G1)、香港のチャンピオンズマイル(G1)まで7連勝した。ジャックドールも父と同じく連勝の勢いに乗って戴冠を遂げたい。

 近4走はすべて逃げ切っているジャックドールだが、当然マークはこれまで以上に厳しくなるだろう。鞍上を務める藤岡佑介騎手は前走後「出し切ればこれくらいの能力はありますし、楽にゴールへエスコートするのが私の仕事です」と話していたが、今回も愛馬を先頭でゴールに導くことはできるか。

JRA【大阪杯(G1)展望】王者エフフォーリアVS超新星ジャックドール! 盤石の現役最強馬の前に突如現れた5連勝合計「12馬身半差」の刺客のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合