NEW

バスラットレオンの激走に「ショック」を隠せないファンが続出!? ゴドルフィンマイル(G2)「ブービー人気」激走の裏に隠された馬券購入の可否

【この記事のキーワード】, ,

バスラットレオンの激走に「ショック」を隠せないファンが続出!? ゴドルフィンマイル(G2)「ブービー人気」激走の裏に隠された馬券購入の可否の画像1

 日本時間の26日から翌27日にかけてドバイのメイダン競馬場で行われたドバイワールドカップデー。日本馬総勢22頭が計8レースに出走し、5勝を挙げる大活躍をみせた。

 そんな日本勢の固め打ちの口火を切ったのが、22頭の先陣を切って2Rのゴドルフィンマイル(G2)に出走して、勝利をもぎ取ったバスラットレオン(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎)だ。

 まずまずのスタートから鞍上の坂井瑠星騎手が押っ付けて、ハナに立ったバスラットレオン。外からゴドルフィンブルーの勝負服がプレッシャーをかけにきたが、モノともせず。直線で1頭だけ抜け出して、後続を寄せ付けない逃げ切りを決めた。

 日本放送向けのレース実況を担当していたラジオNIKKEIの大関隼アナウンサーの声が思わず裏返ってしまうほどのレース。自国の馬を応援していた日本競馬ファンにとっては、ゴールの瞬間は大興奮していたに違いない。

 そんな誰もが喜ぶバスラットレオンの金星だった一方で、一部のファンは今回の勝利を複雑な心境で迎えていたようだ。ゴドルフィンマイルがJRAの馬券発売の対象外だったからである。

 今ではすっかりお馴染みとなった海外レースの馬券発売。ドバイワールドカップデーのレースももちろん発売対象で、ドバイワールドカップ(G1)をはじめ4つのG1競走で馬券発売がされていた。

 しかし、残念ながらゴドルフィンマイルを含む日本馬11頭が出走した計4レースは馬券発売がされなかった。それゆえバスラットレオンの約1年ぶりとなる勝利を信じていたファンにとっては、馬券を買わずしての応援となっていたのだ。

 そして、追い打ちをかけるかのように驚きの情報も飛び込んできた。実はバスラットレオンの単勝は非常に美味しい馬券であったのだ。

「イギリスのブックメーカー『bet365』によると、バスラットレオンの単勝オッズは何と67倍。他のブックメーカーでもブービー人気だったりと、海外の競馬ファンからの期待が非常に低かったことが分かります。

『JRAで馬券買えていたら、バスラットレオンの単勝買っていた』という人にとっては、痛恨だったことでしょう。日本だったら67倍は難しいかもしれませんが、それでも近走の内容から美味しい馬券にはなったはずです。

制度的に難しいのかもしれませんが、日本馬の大挙活躍を受けて来年以降に購入できるドバイのレースが増えればいいですね」(競馬誌ライター)

 日本からでも海外のブックメーカーを通じて、ゴドルフィンマイルの馬券購入は可能だった。ただ、日本語に対応していないところや海外ゆえ信頼できない部分も多い。購入への障壁が高く、馬券購入を断念したファンも少なからずいただろう。

 ネット上では海外ブックメーカーを通じてバスラットレオンの馬券を的中できたことを喜ぶファンと馬券を買えず悔しがるファンの2種類が見られた。今後JRAが馬券発売レースを拡大することに期待したい。

(文=坂井豊吉)

<著者プロフィール>
全ての公営ギャンブルを嗜むも競馬が1番好きな編集部所属ライター。競馬好きが転じて学生時代は郊外の乗馬クラブでアルバイト経験も。しかし、乗馬技術は一向に上がらず、お客さんの方が乗れてることもしばしば……

バスラットレオンの激走に「ショック」を隠せないファンが続出!? ゴドルフィンマイル(G2)「ブービー人気」激走の裏に隠された馬券購入の可否のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  2. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  3. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  4. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  5. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  6. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  7. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  9. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  10. JRAレシステンシアに起きた元・主戦騎手との「運命」の交差…すれ違いの骨折判明で「最後の秋」の出走は