NEW

JRA「覚醒」の初G1制覇は必然!? 重賞172戦「1番人気ゼロ」16年目35歳の穴ジョッキーが勝てた理由

【この記事のキーワード】, ,
JRA高松宮記念(G1)「覚醒」丸田恭介の初G1制覇は必然!? 重賞172戦「1番人気ゼロ」16年目35歳の穴ジョッキーが勝てた理由の画像1
丸田恭介騎手

 拳を天に突き上げ、全身で喜びを爆発させた。

 27日、中京競馬場で行われた春のスプリント王決定戦・高松宮記念(G1)は、8番人気のナランフレグ(牡6歳、美浦・宗像義忠厩舎)が勝利。主戦の丸田恭介騎手はデビュー16年目にして、嬉しい初のG1制覇となった。

 前日まで降り続けた雨の影響で、この日の中京は重馬場。悪化の著しい内を通ってきた騎手も勝ち馬も、まるでダートを走ってきたかのように泥だらけだった。だが、キャリア29戦目の6歳馬と、16年目の35歳。長い苦難を共にして、ようやく初の栄冠を手にしたコンビだからこそ、それがかえって「絵」になる。ナランフレグの父は、かつてのダート王ゴールドアリュールだ。

「先生にはお世話になりっぱなしで……『何か1つでも』と思っていたんで」

 レース後の勝利騎手インタビューでそう語った丸田騎手の声は涙で震えていた。2007年にデビューしてから、2018年までの約12年間。そしてこの日の中京遠征でも馬を用意してくれるなど、フリーになってからも支えてくれた師匠・宗像調教師にようやく届けられた初重賞。長く待たせてしまった分、「最も大きなレース」をプレゼントすることができた。

「丸田恭介」は、熱心な競馬ファンなら誰もが知る穴男だ。2010年の初重賞は12番人気の福島記念(G3、ダンスインザモア)。この日の8番人気の勝利を含め、これまで重賞9勝の丸田騎手だが、その内5勝が10番人気以下である。

 穴党の中には熱烈なファンもいるが、本人は決して現状を良しとしていなかったようだ。

「ジョッキーになった以上、常にG1に乗って結果を出すことを目指していかないと。今を受け入れたら上にいけないから。1番人気で勝つ騎手にならないと」

『スポーツ報知』の取材にそう強い決意を語っていたのは、今年1月だった。昨年、3年ぶりに重賞を勝った(フラワーC(G3)、ホウオウイクセル)ことで、約4年間途絶えていたG1騎乗が復活した。12月のホープフルS(G1)では、当時の自己最高となる3着。「結果を出せば、状況も変わる」ことを実感したからこそ、16年目の35歳は“動いた”。

「この高松宮記念で今年3勝目と例年以上に苦戦している丸田騎手ですが、今年はこれまでの主戦場だったローカル開催ではなく、東京・中山といった中央で騎乗していることが目立ちます。

トップジョッキーがあまりいないローカルの方が勝ち星を稼ぎやすいことは確かですが、G1などの大レースが行われるのはあくまで中央。トップホース、そしてその関係者らが集う中央で結果を残すことが、大レースに騎乗することに繋がりやすいのは間違いありません。

最近では、丸田騎手の3つ上の吉田隼人騎手も、同じように中央で騎乗する機会を増やしてG1の常連になりました。丸田騎手にも思うところがあったのではないでしょうか」(競馬記者)

 その地道な挑戦の“効果”はこの日、確かに表れた。

JRA「覚醒」の初G1制覇は必然!? 重賞172戦「1番人気ゼロ」16年目35歳の穴ジョッキーが勝てた理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合