NEW

元JRA安藤勝己氏「迷走」サリオス陣営を一刀両断!? 高松宮記念(G1)15着大敗に「ずっと言ってきたとおり」

【この記事のキーワード】, ,

元JRA安藤勝己氏「迷走」サリオス陣営を一刀両断!? 高松宮記念(G1)15着大敗に「ずっと言ってきたとおり」の画像1

 27日、中京競馬場では高松宮記念(G1)が行われ、ゴール前の大激戦をナランフレグ(牡6歳、美浦・宗像義忠厩舎)が制した。鞍上の丸田恭介騎手は騎手生活16年目、JRAのG1・12度目の挑戦でうれしい初勝利を飾った。

 レース後、「道中は馬のリズムだけを考えてポジション取りしていました」と、コメントを残した丸田騎手。1枠2番という枠もあって、後方集団のインで脚を溜め直線に懸けた。

「残り200m地点で、失速するレシステンシアが壁になり、ブレーキをかけるシーンもありました。しかし、すぐに立て直すと、レシステンシアとトゥラヴェスーラの間に1頭分のスペースができ、そこをこじ開けるように伸びました。丸田騎手の絶妙な手綱さばきが光りましたね」(競馬誌ライター)

 道中は距離ロスがほぼない内ラチ沿いを選択。内伸びの馬場と前半3ハロン33秒4というハイペースも味方につける形となった。

元JRA安藤勝己氏「迷走」サリオス陣営を一刀両断!? 高松宮記念(G1)15着大敗に「ずっと言ってきたとおり」の画像2
サリオス

 一方、同じ白帽でも最内枠のサリオス(牡5歳、美浦・堀宣行厩舎)は15着に惨敗。1枠の2頭が明暗を大きく分けた。

 かつての2歳マイル王で、3歳時はコントレイルとライバル関係にあったサリオス。初のスプリント戦で変わり身に期待したファンも多かったのか、4番人気に支持された。

 久々にコンビを組んだ石橋脩騎手を背に、サリオスはゲートをポンと飛び出し、これ以上ない絶好のスタートを切った。ところが、鞍上が追っ付けて前に出していこうとするも、未経験のハイペースについていけず。道中はちょうど中団のインを進んだ。

 何とか流れに乗り、5番手まで押し上げ4コーナーを迎えると、石橋騎手は直線で最内ではなく、馬場の3分どころを選択。坂の手前で一瞬伸びかけたが、すぐに手応えをなくし、そのまま馬群に沈んだ。

 結局、勝ち馬とは0秒6差の15着に敗れたサリオス。着順ほど負けたわけではないが、人気を大きく裏切る結果には変わりない。

 そんなサリオスの敗戦に対し、「ずっと言ってきたとおり」と短いコメントを残したのが元JRA騎手の安藤勝己氏だ。

元JRA安藤勝己氏「迷走」サリオス陣営を一刀両断!? 高松宮記念(G1)15着大敗に「ずっと言ってきたとおり」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合