NEW

JRA高松宮記念(G1)福永祐一「作戦非公開」も痛恨の空振り、グレナディアガーズ、メイケイエールを襲った不利に名手二人もお手上げ

【この記事のキーワード】, ,

JRA高松宮記念(G1)福永祐一「作戦非公開」も痛恨の空振り、グレナディアガーズ、メイケイエールを襲った不利に名手二人もお手上げの画像1

 27日、中京競馬場で行われた高松宮記念(G1)は、8番人気の伏兵ナランフレグが勝利。上位4番人気までが馬券圏外に消え、三連単は278万4560円の大波乱となった。

 まさに“春の嵐”となった春のスプリント王決定戦。上位人気馬のなかで運にもツキにも見放されたのが2番人気メイケイエールと3番人気グレナディアガーズ(牡4歳、栗東・中内田充正厩舎)の2頭だった。

「中京芝1200mは外枠不利というのが定石ですからね。人気2頭が8枠に入った時点で評価を下げたファンも少なくなかったと思います。ただ、週末は雨予報だったので、雨の降り方と馬場の乾き方次第では、逆に外枠が有利になる可能性もありましたが……。

終日、重馬場で行われた日曜の中京芝は内を通った馬に大きなアドバンテージがありました。奇しくもメイケイエールとグレナディアガーズに騎乗した名手2人は、レース後にほぼ同じコメントを残しています」(競馬誌ライター)

「内が有利の馬場で、今日の結果はしょうがない感じです。あれ以上内には行けません」(メイケイエール騎乗の池添謙一騎手)

「内を回ってきた馬が勝ったレースです。外枠からあれ以上内には行けません」(グレナディアガーズ騎乗の福永祐一騎手)

 2人のコメントから、17番枠と18番枠からでは、どうあがいても内には潜り込めず、好走は厳しかったことが読み取れる。それでもメイケイエールの方は勝ち馬と0秒1差の5着に健闘。唯一、後方から外を通って最後までいい末脚を見せていた。

 一方で、後方のまま12着に沈んだのが福永騎手と初コンビとなったグレナディアガーズの方だ。

JRA高松宮記念(G1)福永祐一「作戦非公開」も痛恨の空振り、グレナディアガーズ、メイケイエールを襲った不利に名手二人もお手上げの画像2

 実は、福永騎手はレース当日に公開されたYouTubeチャンネル『カンテレ競馬【公式】』に登場し、高松宮記念に向けての意気込みなどを語っていた。

 いつも通り、ミサイルマン岩部彰とリモート形式でのインタビューに臨んだ福永騎手。まず、調教でのグレナディアガーズの乗り味を絶賛し、1200mの距離適性にも「走っているフォームを見たら短いところ(向き)です」と断言。マイルよりもスプリントに高い適性があるという見立てを披露した。

 さらに、ファンから大好評のボードを使った“展開予想”を求められたが、福永騎手は何とこれを拒絶。「みんな(手の内を)分かっちゃうと、優位性が保てなくなる。あまり言うメリットがない」と真顔で、戦法を機密にする理由を語った。

JRA高松宮記念(G1)福永祐一「作戦非公開」も痛恨の空振り、グレナディアガーズ、メイケイエールを襲った不利に名手二人もお手上げのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合