NEW

パチスロ「投資5000枚オーバー」から大逆転の兆し…衝撃の「泥仕合」実戦が話題

【この記事のキーワード】,

パチスロ「投資5000枚オーバー」から大逆転の兆し…衝撃の「泥仕合」実戦が話題の画像1

 パチンコ・パチスロにおいて勝敗は運の要素が強い。時には上手く展開を掴めずに大量投資を強いられる場合もある。

 特に危険視されている立ち回りが「乱れ打ち」ではないだろうか。ユーザーの間では負けパターンの代表格のように言われる場合も少なくない。

 近年のマシンでは一定のタイミングで「パチンコ・パチスロは適度に楽しむ遊びです」と表示される。ある程度の負けとなれば諦めて帰宅するべきなのだろう。

 パチンコに関しては過激なスペックのマシンが増加傾向にあり、一撃で大逆転という展開もあり得る。しかし、パチスロに関しては大量投資してしまえば逆転は厳しい印象だが…。

 そんなイメージに一石を投じる動画が存在する。それは「のり子の下手スロぱち劇場」の『午前中にサクッと負けたのでヤケになって突破型AT機を当たるまで次々と打ちまくった泥仕合の結末』だ。

 内容に触れる前に宣言しておくが、当記事は大量投資をオススメするものではない。同動画は下手のり子氏の手腕あってのエンターテイメントである。

 と、いうのも動画ではパチスロを複数台を実戦し、タイトル通りの泥試合という様相。投資は実に5650枚に上り、驚異的な大負けの危険性があったのだ。

 午前中に「ジャグラーシリーズ」などで既に約1750枚のマイナス。非常に悪い展開で暗雲立ちこめるが、ここでヤケになり突破型AT機を攻める。

 突破型AT機といえば展開によって勝ち負けの差が激しいマシンが多い。突破できれば大量獲得、出来なければ獲得なく終わってしまうが…。

低設定であれば「約75%でAT完走」というモンスターマシンで勝負!!

 以降も複数台みだれ打つが意外にも好調。特に印象的であったマシンが『パチスロ青鬼』である。

 本機は低設定であれば約75%でAT完走というモンスターマシン。その代わりATへのハードルは高く、5回の試練を突破する必要がある。

 動画ではこの試練を見事クリア。初回に疑似ボーナスを4つストックすると、エンディングから「ATTACK THE 2000」に突入しトントン拍子で2400枚を獲得した。

 大量投資となったものの2400枚の獲得は大きい。その後も他機種で展開を掴み着々と逆転へと歩みを進める。

 果たして5650枚の投資で逆転できたのか。気になる方、ご興味のある方は是非チェックしてみてはいかがだろうか。

【注目記事】
甘デジ「無敵ゾーン→90%ループ」で10万発へ前進! 出玉カーニバルが始まる!?
パチスロ「4ケタ乗せも可能!?」な超強力特化ゾーンを搭載! 大人気シリーズ第4弾となる話題作を振り返り!!
パチンコ「斬新システム」の元祖は超レジェンド!? 大ヒット作より前に熱狂を呼んでいた名機!!

パチスロ「投資5000枚オーバー」から大逆転の兆し…衝撃の「泥仕合」実戦が話題のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合