NEW

パチスロ「6.5号機」は今年5月末、注目の「スマスロ」は来年1月に登場か!?

【この記事のキーワード】, , ,

パチスロ「6.5号機」は今年5月末、注目の「スマスロ」は来年1月に登場か!?の画像1

 いよいよパチンコ・パチスロは新時代へと突入する。

 日本遊技機工業組合(日工組)と日本電動式遊技機工業協同組合(日電協)は3月24日、自主規制や解釈基準の変更に伴う6.5号機及びスマート遊技機の登場時期に関する見通しについて、業界団体や業界プレス関係者に通知したそうだ。多くの業界情報サイトが報じている。

 これらによると、6.5号機は今年の5月末から登場予定とのこと。この6.5号機は2,400枚規制の枚数上限定義を「MY(一撃)」から「差枚数」管理に変更しただけでなく、有利区間も現行の「3,000G」から「4,000G」へと延長。今年1月中旬から保安通信協会(保通協)など試験機関での型式試験は始まっているという。 

 スマート遊技機については、スマートパチスロは今年11月の納品を目標としている模様。このスマートパチスロは6.5号機と同じく差枚「2,400枚」タイプで、有利区間が「撤廃されている」点が大きな特徴と言える。スマートパチンコは来年1月の納品を目指しているそうだ。

 スマート遊技機は当初「封入式遊技機」などと呼ばれていた通り、玉やメダルの循環を1台1台で行うもの。スマートパチスロに関してはゲームセンターにおけるメダルレス仕様に近いものになると思われ、様々なコスト削減やデータ管理の一元化、ゴト対策などに繋がるとされている。まさしく「スマート」な遊技機だ。

 古くからのパチンコ・パチスロファンならば、今の流れは「パチンコのCR機導入」当時と似ていると感じるだろう。

 パチンコはカードユニット対応のCR機のみ確率変動機能が認められたわけだが、やはり、このスマート遊技機はスマートパチスロ、スマートパチンコ共に、現行機と比較してより遊技性が拡大される見込みとのこと。残念ながら現時点でその詳細は不明だが、次世代遊技機の登場を機に業界が、とりわけ低迷期にあるパチスロが盛り上がってくれればファンとしても喜ばしいことである。

【注目記事】
パチンコ「演出スキップ機能!?」がついた激アツ…「大当り確率1/39で継続率約90%」噂の新台を実戦!
パチスロ「エスパー発揮」で一撃万枚も余裕!? 波に乗れば“閉店取り切れず”の万枚製造機を振り返り!
パチンコ「9万発ライトミドル」も話題の超大物タイトル! 知る人ぞ知る初代を振り返る

パチスロ「6.5号機」は今年5月末、注目の「スマスロ」は来年1月に登場か!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合