NEW

JRA大阪杯(G1)エフフォーリアで堅い「先入観」は命取り!? ジャックドールにも不安材料、人はなぜ「釣り針」に騙されてしまうのか

【この記事のキーワード】, ,
JRA大阪杯(G1)エフフォーリアで堅い「先入観」は命取り!? ジャックドールにも不安材料、見え見えの「釣り針」に人はなぜ騙されてしまうのかの画像1
エフフォーリア 撮影:Ruriko.I

 4月3日、阪神競馬場で行われる古馬の中距離G1・大阪杯は、早くもエフフォーリアの1強ムードが濃厚だ。

 破竹の5連勝で挑戦してきたジャックドールの勢いは侮れないとはいえ、前走の金鯱賞(G2)が初重賞制覇。昨年の皐月賞(G1)、天皇賞・秋(G1)や有馬記念(G1)を制し、G1・3勝のエフフォーリアに比べると、実績は明らかに見劣っている。

 ちなみに昨年の大阪杯(G1)は、コントレイルやグランアレグリアにサリオスといったトップクラスの実力馬が出走。多くのファンも3強対決に興味津々だったが、馬券の対象となったのは3着のコントレイルのみだった。

 グランアレグリアは4着、サリオスも5着と敗れたレースで優勝したのは、4番人気で逃げ切り勝ちしたレイパパレ。良馬場で始まった当日だったが、集中的な雨の影響で9Rから稍重となった芝コースは、メインレースを迎えた頃には重まで悪化していた。

 想像以上の道悪適性を見せた勝ち馬に対し、切れ味を武器とする3強が能力を発揮し切れなかった影響も大いにあった。レース後のコメントでも、各陣営は道悪に敗因を求めていた。

 これと同じく先週の高松宮記念(G1)も、雨の影響が3連単278万馬券の大波乱に繋がったといえないだろうか。

 1番人気に支持されたのは、昨年の2着馬レシステンシア。渋った馬場はむしろ得意なくらいで、C.ルメール騎手がドバイに遠征する関係で起用された鞍上も横山武史騎手。現在、国内重賞で連敗が続いている主戦よりも頼りになるという声もあった。

 モズスーパーフレアやビアンフェなど、逃げてこその馬も不在。昨年の勝ち馬ダノンスマッシュは引退し、スプリンターズS(G1)を勝ったピクシーナイトも出走しないなら、ファンの多くがレシステンシアの凡走を想像することは難しかったはずである。

 にもかかわらず、いざレースが始まるとレースは思わぬ展開を見せる。自らハナに立って前半33秒4の急流を作り出した横山武騎手の強気な騎乗も影響したのか、レシステンシアは直線半ばで力尽きて6着に敗退。昨年暮れの香港遠征から休み明けで18キロ増の馬体重も無関係といえなくはないが、これには本人も「なんで負けたんだろう」と首をかしげるほかなかった。

 しかし、追い込み一辺倒だった8番人気のナランフレグが殊勲の大金星を挙げたことを考えると、後ろの馬に有利な展開だったようにも感じられる。逃げ馬不在でおそらく平均からスロー、差し追い込み馬に厳しい展開を予想したファンにとっては、想定外の結果といえる。

JRA大阪杯(G1)エフフォーリアで堅い「先入観」は命取り!? ジャックドールにも不安材料、人はなぜ「釣り針」に騙されてしまうのかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合