NEW

甘デジ爆裂DNAを継承した「最大10R×高ループ」スペック! 新台分析-パチンコ編-

甘デジ爆裂DNAを継承した「最大10R×高ループ」スペック! 新台分析-パチンコ編-の画像1

 ニューギンの看板コンテンツとして知られる『花の慶次』シリーズ。過去に登場した『CR真・花の慶次2 漆黒の衝撃』は、電サポ大当りがALL2400発という他を圧倒する出玉性能で絶大な人気を博していた。

 そんな本機の爆裂を受け継いで登場したのが『P真・花の慶次2〜漆黒の衝撃〜EXTRA RUSH』だ。ライトミドル帯の大当り確率でありながら、「約81%継続×ALL1500発」という最高峰のRUSH性能を実現。「8万発」が報告されるなど、軽くなっても爆裂DNAはしっかりと継承されている。

 今なお抜群の存在感を放っているそんな同タイトルが、待望の甘デジとなって登場予定。右半分が10R大当りとなり、それが高ループする激熱スペックに熱い視線が注がれている。

『PA真・花の慶次2〜漆黒の衝撃 99ver.』(ニューギン)

■大当り確率:1/99.90→1/59.04
■真・RUSH突入率:約64.5%
■真・RUSH継続率:約78%
■転落確率:1/123.65
■賞球数:1&4&5&7
■ラウンド・カウント:10R or 6R or 4R・10カウント
■電サポ回数:70回+α or 70回 or 30回
■大当り出玉(払い出し):約700発or約420発or約280発
■大当り内訳
・特図1
「10R確変・約700発」10%
「6R確変・約420発」40%
「6R通常・約420発」50%
・特図2
「10R確変・約700発」50%
「4R確変・約280発」50%
○○○

 転落タイプとなる本機は、ヘソ大当り時50%がRUSHへ突入。通常大当りの場合は「時短30回」が付与される。引き戻しを含めたトータルRUSH突入率は約64.5%だ。

 右打ち中の大当りは100%確変となり、電サポ70回が約束される。1/123.65の転落フラグよりも先に1/59.04(確変中の大当り確率)を射止めるゲーム性で、70回転以降は転落するまで電サポが継続する。RUSH継続率はトータル約78%と高い連チャン性能を実現した。

 電サポ大当り時のラウンド振り分けは、50%が「10R・約700発」。偏り次第ではまとまった出玉にも期待できる仕上がりといえるだろう。

『PA真・花の慶次2〜漆黒の衝撃 99ver.』の導入予定日は4月4日。ミドル・ライトミドルに続き、甘デジでも快進撃を見せるのか。その活躍に期待である。

【注目記事】
パチンコ「軽く5万発」を3日連続で達成…あの超アツ祭り再来に期待!「右ALL3800発」のぶっ壊れスペックが爆誕!!
孤高のスロプロ! その正体は『超ディスクアッパー選手権』で大活躍したあの人!?
【パチンコ新台分析】甘デジ2000発ボーナス搭載の衝撃スペック降臨!!

甘デジ爆裂DNAを継承した「最大10R×高ループ」スペック! 新台分析-パチンコ編-のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合