NEW

JRA大阪杯(G1)「匂わせ発言」ジャックドールが伏線回収!? 前走は騙されたという声も…… 陣営「このままでは難しい」有言実行の条件整うならここ

【この記事のキーワード】, ,

JRA大阪杯(G1)「逃げない」ジャックドールが伏線回収!? 匂わせ発言の前走は騙されたという声も…… 陣営「このままでは難しい」有言実行の条件整うならここの画像1

 4月3日、阪神競馬場では春G1の第2弾となる大阪杯(G1)が開催される。昨年の年度代表馬エフフォーリアも登場し、現役最強馬が今年の始動戦でどのような走りを見せるのかも楽しみである。

 そして、エフフォーリアの対抗馬として注目を集めるのが、ジャックドール(牡4、栗東・藤岡健一厩舎)だ。G1を3勝している大本命に対し、こちらは5連勝で金鯱賞(G2)を制した。

 実績面では見劣るものの、前走で負かした相手はレイパパレやアカイイトといったG1勝ち馬。現在の勢いなら絶対王者が相手でも恥ずかしくない競馬を期待出来そうだ。

 その一方、ジャックドールの連勝の内訳は、2番手から抜け出した1勝クラスを除けば、5勝のうち4勝が逃げ切り勝ち。前走の金鯱賞で芝2000mを1分57秒2(良馬場)のレコードをマークしたように、逃げてこそ高いパフォーマンスを発揮しているようにも感じられた。

 相手関係が一気に強化されるG1の舞台で、再び逃げることになるのだろうか。

 こちらについては、本馬を管理する藤岡調教師の「どこかで脚質は少し変えなきゃいけないとも考えています」という発言が少々引っ掛かる。

『netkeiba.com』で連載中の『今週のFace』に登場した藤岡師。詳細はぜひ本インタビューをご覧頂きたいが、この中で「ここから先、重賞や大きいレースになるほど、このまま逃げ切りで勝つのは難しい」ともコメントしていたことは記憶に新しい。

 ちょうど金鯱賞前のタイミングだったこともあり、「もしかしたら控えるのでは?」と予想したファンも少なくなかったが、実際にレースが始まると鞍上の藤岡佑介騎手は迷わずハナを主張。これまでのスタイルを変えることはなかった。

 ネットの掲示板やSNSなどでは、一部のファンから「騙された」という声も出ていたものの、陣営からしたら「まだそのタイミングではない」ということかもしれない。

 そう考えると今回の大阪杯こそ、逃げないジャックドールを見られる可能性が高いといえないだろうか。

JRA大阪杯(G1)「匂わせ発言」ジャックドールが伏線回収!? 前走は騙されたという声も…… 陣営「このままでは難しい」有言実行の条件整うならここのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合