NEW

往年のパチンコ店で「あのレジェンド台」を実戦! 看板機種であり続ける理由も納得の完成度…

【この記事のキーワード】,

往年のパチンコ店で「あのレジェンド台」を実戦! 看板機種であり続ける理由も納得の完成度…の画像1

 前回は『ゲームセンタータンポポ』の概要について簡単にご紹介しましたが、正直まだまだ語りつくせない内容ばかりです。

 往年のパチンコホールを知っている方であれば、この『タンポポ』に行って遊んでいたら「時間が足りないし、あの台も打ちたいし、この台も打ちたいし、また行きたい」という気持ちになるかもしれないです。私もですが、1機種だけを開店から閉店まで打ち倒して出玉を積んでいたとしても、満足できずに「また打ってみたい」と思ってしまいます。

 私の『タンポポ』での打ち方は、基本的にデジパチを1機種選んで、それをまる1日じっくり打ち倒し、その性能や出玉を再確認することです。稀に同じ機種を3~4時間打ち続けて1回も大当りせず、他の機種に移動する場合もありますが、現在までの来店稼働では、1台の機種をじっくり打つことがほぼほぼできています。

 なぜ1機種に限定にして実戦するのか。詳しくは次回以降の記事で説明するかもしれませんが、そのレトロ台が実際のパチンコ店に設置されていた当時とゲームセンターとしての現在を比較して、「あの時になぜすぐに打つのをやめてしまったのだろう」などを考察するためです。

 さて、そんな『タンポポ』で今回実戦したマシンは、ゲームセンター以前のパチンコ店・タンポポの看板機種であり、現在のゲームセンターでも同じ立ち位置で島の角台に君臨している三共のデジパチ『フィーバーレジェンドⅠ』です。

『フィーバーレジェンドⅠ』

往年のパチンコ店で「あのレジェンド台」を実戦! 看板機種であり続ける理由も納得の完成度…の画像2
タンポポの『フィーバーレジェンドⅠ』


■1992年発表
■大当り確率:250分の1
■賞球数:7&15
■1回辺りの出玉:約2,500発
■大当り終了後、保留1個目のみ1/5で連チャン性あり

 この『フィーバーレジェンドⅠ』には兄弟機が3機種ありまして、機種によって回転中や大当り中などの音楽が多少異なっており、大当り確率は若干低いとはいえほぼ同じでした。ただ、連チャン率に関しては、私が当時打っていた『フィーバーレジェンドGP』の方が若干高かったです。

 ゲーム性はいたってシンプル。この時代のデジパチは、現在のP機などのデジパチのように保留4個目で短縮変動みたいな機能はなく、どの保留も同じ秒数。だいたい1回転で約6~7秒ほどです。

往年のパチンコ店で「あのレジェンド台」を実戦! 看板機種であり続ける理由も納得の完成度…のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合