NEW

JRA 大阪杯(G1)“父兄参観”とナメてかかるのは危険!? 「今までで一番」G1初挑戦のキングオブコージ陣営から強気な声が連発

【この記事のキーワード】, , ,
JRA 大阪杯(G1)父兄参観とナメてかかるのは危険!? 「今までで一番」G1初挑戦のキングオブコージ陣営から強気な声が連発の画像1
横山典弘騎手

 4月3日、阪神競馬場の芝2000mで行われる大阪杯(G1)。昨年の年度代表馬・エフフォーリアに対し、破竹の5連勝中と勢いに乗るジャックドールが初G1に挑むという4歳馬2頭の“2強”ムードが漂っている。

 そんな中、6歳にして初のG1挑戦となるのがキングオブコージ(牡6歳、栗東・安田翔伍厩舎)である。

 初勝利を挙げるまでに5戦を消化し、2勝目を挙げるまでにも5戦を要した同馬。それでも、横山典弘騎手との初コンビで1勝クラスを突破すると、そこから3連勝の快進撃で一気にオープン入り。昇級初戦で挑んだ目黒記念(G2)も難なく突破し、4連勝で重賞ホースまで登り詰めた。

 ところが、2020年10月の京都大賞典(G2)で3着に入った後、ジャパンC(G1)を目指す中で右第1趾節種子骨の骨折が発覚。長期の離脱を強いられてしまう。

 復帰が叶ったのは約1年後の2021年9月のこと。オールカマー(G2)で9着、叩き2戦目の中日新聞杯(G3)でも5着と敗れたが、今年1月のアメリカジョッキークラブC(G2)でついに復活の勝利を成し遂げた。

 スタートで大きく出遅れ、最初のコーナーの時点ではとても勝負にならないと思われた位置取りの中、3コーナー過ぎあたりで大外を進出していくと、そのままぐるっと回って直線で先頭へ。着差は0秒2だったが、格の違いを見せつけるような完勝だった。

 あれから約2か月半ぶりとなる実戦は、キャリア18戦目にして初めてのG1挑戦。遅れてきた大器の登場も、各所で戦前の予想オッズを見てみると、前走G2勝ち馬とは思えぬ低評価が並んでいる。

 G1で一線級を相手にした経験がないことや、年齢的な部分によるところもあるのだろう。そしてもうひとつ、敬遠される要素として考えられるのが、「横山武史と一緒の横山典弘」という点ではないだろうか。

 エフフォーリアとコンビを組むのは横山武騎手。言わずと知れた横山典騎手の三男である。昨年の日本ダービー(G1)からまことしやかに囁かれたのが、「息子の晴れ舞台を特等席で見ようとしているのではないか……?」という疑惑だ。

 レッドジェネシスに騎乗した日本ダービーでは、スタートから大きく遅れると最後方を追走。その様子は1頭だけポツンと取り残されたようだった。また、直線では最内を突いてムチを入れながらも、目線は右前方の息子の背中を追っているようにも見えるシーンが確認できた。

JRA 大阪杯(G1)“父兄参観”とナメてかかるのは危険!? 「今までで一番」G1初挑戦のキングオブコージ陣営から強気な声が連発のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合