NEW

JRA松山弘平は間に合うのか…「待望復帰」デアリングタクトVS「復活」ソダシ! 新旧女王対決に「世界的スプリンター」が参戦! 今年はヴィクトリアマイル(G1)が熱い

【この記事のキーワード】, ,
JRA「待望復帰」デアリングタクトVS「復活」ソダシ! 新旧女王対決に「世界的スプリンター」が参戦! 松山弘平は間に合うのか…今年はヴィクトリアマイル(G1)が熱いの画像1
デアリングタクト

 31日、牝馬三冠馬のデアリングタクト(牝5歳、栗東・杉山晴紀厩舎)が、5月15日のヴィクトリアマイル(G1)での復帰を予定していることがわかった。『日刊スポーツ』が報じている。

 一昨年に史上初となる無敗・牝馬三冠を成し遂げたデアリングタクト。昨年は金鯱賞(G2)、香港のクイーンエリザベス2世C(G1)でまさかの連敗を喫したが、その後に右前脚の繋靱帯炎が発覚。1年以上の長期休養となったが、ようやく復帰にこぎつけた。

 ファンにとっても待望の復帰戦となるが、注目されるのはその鞍上だ。

 主戦の松山弘平騎手が12日に落馬負傷。今週も騎乗予定がないだけに、復帰が間に合うかが心配されている。デビューから一貫して松山騎手が騎乗してきたが、場合によっては新コンビ結成もありそうだ。

 その一方で牝馬三冠馬の復帰戦として、俄然注目度が高まってきたのがヴィクトリアマイルだ。

 一昨年は単勝1.4倍のアーモンドアイが4馬身差の圧勝。昨年も単勝1.3倍のグランアレグリアが同じく4馬身差。言葉を選ばなければ、ここ数年のヴィクトリアマイルは、さらなるG1タイトルを狙う超一流牝馬の“通過点”のようなレースになってしまっている。

 無論、牡馬との戦いを避けて牝馬限定重賞を戦ってきた馬たちと、一線級の牡馬相手にG1を勝ってきた馬とではレベルに差があり過ぎるからこその結果だ。しかし、まさかここまで「強い牝馬」が幅を利かせる時代になるとは、かつて牝馬路線の充実を図ってレースを創設したJRAとしても想定外だろう。一部のファンからは「G2でもよいのでは?」という声まで上がる始末だ。

「その(ヴィクトリアマイル)後は宝塚記念を予定しています」と岡田スタッドグループの岡田牧雄代表が明かしたデアリングタクトも、その流れに続きたいところ。だが、今年は少し様子が異なるようだ。

JRA「待望復帰」デアリングタクトVS「復活」ソダシ! 新旧女王対決に「世界的スプリンター」が参戦! 松山弘平は間に合うのか…今年はヴィクトリアマイル(G1)が熱いの画像2
ソダシ 撮影:Ruriko.I

 復帰戦を迎える三冠牝馬の前に立ちはだかる筆頭は、白毛の女王ソダシ(牝4歳、栗東・須貝尚介厩舎)だ。

 昨年、デアリングタクトが休養している間に白毛のアイドルとして競馬界を盛り上げたソダシ。昨秋の秋華賞(G1)、チャンピオンズC(G1)こそ大敗続きだったが、今年2月のフェブラリーS(G1)で3着と復調の気配を見せている。

 何より特筆すべきは、マイル適性の高さだろう。芝の1600mはここまで3戦して阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)、桜花賞(G1)を含む全勝。特に桜花賞では従来のレコードを0.8秒も更新する快速ぶりを見せた。毎年、高速馬場で迎えるヴィクトリアマイルへ適性は高く、デアリングタクトにとっても、そのスピードは要警戒だ。

JRA松山弘平は間に合うのか…「待望復帰」デアリングタクトVS「復活」ソダシ! 新旧女王対決に「世界的スプリンター」が参戦! 今年はヴィクトリアマイル(G1)が熱いのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合