NEW

JRA クラシック有力候補「強奪被害」騎手がまたもや降板!? 舞台適性高い良血馬と得意重賞で因縁の「ルメール斬り」なるか

JRAクラシック有力候補「強奪被害」騎手がまたもや降板!? 舞台適性高い良血馬と得意重賞で因縁の「ルメール斬り」なるかの画像1

 4月2日、中山競馬場でダービー卿CT(G3)が行われる。4月の中山の伝統ハンデ重賞に、今年は17頭のマイラーが登録している。

 中でもトップハンデとなっているのが、メンバー唯一の重賞2勝馬のザダル(牡6歳、美浦・大竹正博厩舎)だ。前走の京都金杯(G3)を57.5キロで制したことにより、今回は58キロを背負うことになった。

 ザダルにとって初めての斤量となるため、カンカン泣き(重い斤量に苦しむこと)して崩れる可能性もあるが、『netkeiba.com』の単勝予想オッズで4.0倍の2番人気と下馬評は高い。その要因の1つとして考えられるのが、鞍上のC.ルメール騎手の存在だ。

 ザダルとは今回が2度目のコンビ結成となるルメール騎手。乗り替わりの経緯については前走騎乗した松山弘平騎手が負傷により不在となるため、ルメール騎手に白羽の矢が立ったのだろう。

JRAクラシック有力候補「強奪被害」騎手がまたもや降板!? 舞台適性高い良血馬と得意重賞で因縁の「ルメール斬り」なるかの画像2
石橋脩騎手

 一方で、ザダルの乗り替わりにショックを受けていると思われるのが、同馬の主戦級だった石橋脩騎手だ。

 石橋騎手はこれまでザダルが重賞初制覇となったした21年のエプソムC(G3)など計7度騎乗。現在まで13戦している同馬にとって半分以上が石橋騎手とのコンビであるため、ほぼ主戦騎手といえる立場だ。

 しかし、前走の京都金杯では陣営は突如、石橋騎手から松山騎手へスイッチ。そして、松山騎手が乗れない今回もまた、石橋騎手ではなくルメール騎手が起用された。

「最近は石橋騎手の降板が相次いでいます。代表例で挙げるならば、共同通信杯(G3)を制したダノンベルーガでしょうか。

新馬戦は石橋騎手鞍上で勝利しましたが、2戦目の共同通信杯では松山騎手に替わり、皐月賞(G1)は川田将雅騎手を鞍上に挑むことが決まりました。

また、今年の桜花賞(G1)有力候補のスターズオンアースでも主戦を務めていましたが、横山武史騎手や川田騎手に乗り替わる憂き目に遭っています。

私が石橋騎手ならば『今度はザダルですか…』と落ち込んでしまいますよ」(競馬誌ライター)

 そんな石橋騎手だが、挽回のチャンスは残されている。弟に5億円ホースとして有名なリアドがいるギルデッドミラーでダービー卿CTに参戦のチャンスを得た。

 同馬は2走前に今回と同じ舞台のターコイズS(G3)で3着に好走しており、コース適性もある。53キロの軽ハンデならば、テン乗りとはいえ勝機はあるはず。

 また、石橋騎手は2012年、20年とダービー卿CTを2勝しており、得意な重賞といっても過言ではない。好相性のハンデ重賞で「5キロ」のアドバンテージを生かして、ルメール騎手のザダルに先着できるか注目だ。

(文=坂井豊吉)

<著者プロフィール>
全ての公営ギャンブルを嗜むも競馬が1番好きな編集部所属ライター。競馬好きが転じて学生時代は郊外の乗馬クラブでアルバイト経験も。しかし、乗馬技術は一向に上がらず、お客さんの方が乗れてることもしばしば……

JRA クラシック有力候補「強奪被害」騎手がまたもや降板!? 舞台適性高い良血馬と得意重賞で因縁の「ルメール斬り」なるかのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合