NEW

JRA武豊×ラニが唯一の完走。日本馬史上4頭目のケンタッキーダービー(G1)挑戦確実も、米クラシック挑戦に懸念される大きな「代償」とは…

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊×ラニが唯一の完走。日本馬史上4頭目のケンタッキーダービー(G1)挑戦確実も、米クラシック挑戦に懸念される大きな「代償」とは…の画像1

 3月26日から翌27日(日本時間)にドバイ・メイダン競馬場ではドバイワールドカップデーが行われた。日本からは8競争に22頭が出走し、5勝を挙げる快挙を達成。日本の競馬関係者、ファンにとっては歴史的な「歓喜の夜」となった。

 28日夜、ドバイでの熱戦を終えた日本馬たちが無事に帰国したことが、先日JRAのホームページで発表された。ほとんどの馬が帰国の途についた一方で、UAEダービー(G2)を制したクラウンプライド(牡3歳、栗東・新谷功一厩舎)は米国に輸送されると発表があった。

 クラウンプライドは5月7日(土)に行われるアメリカクラシック3冠の初戦、ケンタッキーダービー(G1)を目指すようだ。ケンタッキーダービーは米国3冠の中でも最も権威ある競走であり、アメリカ競馬の中でもブリーダーズカップに並ぶ最高峰のイベントである。

 ケンタッキーダービーは、主要な世界中の競走に「ロード・トゥ・ザ・ケンタッキーダービー」としてポイントが設定されており、各競走で得たポイントが高い順に優先出走権が与えられる。UAEダービーを制したクラウンプライドは100ポイントを獲得したことになり、出走権の獲得は確実。無事に出走が叶えば2019年のマスターフェンサー以来、日本馬としては4度目の出走となる。

 サウジアラビア、ドバイでの日本馬の快進撃から、アメリカでも十分勝負になるのでは…と言いたいところだが、ダート競馬の本場アメリカのクラシックは甘くはないのかもしれない。

 アメリカ国外調教馬で米国クラシックを制したのは、150年以上の歴史の中で1頭のみ。日本調教馬は過去にのべ10回出走しているが、2016年ベルモントS(G1)でラニが残した3着が最高成績である。

 これほどまでに外国馬が苦戦しているのは、アメリカ調教馬のレベルの高さはもちろんだが、それ以上にアメリカ競馬の独特なレースの性質にある。アメリカ競馬の主流は平坦・小回りコースで行われる短距離レース。加えて馬場が固い「土」であり、非常に高いスピード能力が要求される。

 必然的にレース展開はハイペースになることが多く、慣れていない外国調教馬は大きな苦戦を強いられる。クラウンプライドの挑戦も、厳しいアメリカ競馬の流れに対応できるかが最大のカギとなる。

 加えて懸念されるのが、馬への負担である。アメリカ3冠は1か月半の間に3レースが行われる、非常にタイトなスケジュール。クラウンプライドもケンタッキーダービー以降の続戦があるかもしれないが、続戦するなら相当な消耗を強いられるだろう。

 過去にクラウンプライドと同様にUAEダービーを制し、武豊騎手とのコンビでアメリカ3冠レースすべてに出走したラニは、その後は目立った成績を残せず引退。海外重賞を制した能力を持ちながら、帰国後に全く活躍できなかったことを鑑みると、異国の地で厳しいローテーションを歩むことの「代償」は大きいのかもしれない。

 アメリカ3冠への挑戦は価値のあるものだが、厳しい挑戦であることも事実。結果はもちろん期待したいが、まずは無事にレースを終えることを願いたい。

(文=エビせんべい佐藤)

<著者プロフィール>

98年生まれの現役大学院生。競馬好きの父の影響を受け、幼いころから某有名血統予想家の本を読んで育った。幸か不幸か、進学先の近くに競馬場があり、勉強そっちのけで競馬に没頭。当然のごとく留年した。現在は心を入れ替え、勉強も競馬も全力投球。いつの日か馬を買うのが夢。

JRA武豊×ラニが唯一の完走。日本馬史上4頭目のケンタッキーダービー(G1)挑戦確実も、米クラシック挑戦に懸念される大きな「代償」とは…のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?