NEW

JRA大阪杯(G1)エフフォーリアを襲う2つの「最悪データ」…父エピファネイアも屈した「血の宿命」に抗うことはできるのか!?

【この記事のキーワード】, ,
JRA大阪杯(G1)現役最強エフフォーリアを襲う2つの「最悪データ」…父エピファネイアも屈した「血の宿命」に抗うことはできるのか!?の画像1
エフフォーリア 撮影:Ruriko.I

 3日、阪神競馬場では大阪杯(G1)が行われる。いよいよ春の中長距離G1戦線が幕を開ける。いわゆる「古馬王道」路線の第1戦とあって、今年も錚々たるメンバーが名を連ねている。

 中でも最大の注目はやはり昨年の年度代表馬エフフォーリア(牡4歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)である。昨年は日本ダービー(G1)こそシャフリヤールの2着に敗れたが、秋はコントレイル、グランアレグリア、クロノジェネシスといった年上の超一流馬たちを次々と撃破。皐月賞、天皇賞・秋、有馬記念とG1・3勝を挙げ、「現役最強」の座に君臨した。

 抜群の操縦性、安定して好位につける先行力を持つセンスの良さ、鞍上はパートナーを完全に手の内に入れている若武者・横山武史騎手と、エフフォーリアが崩れる要素は全く見当たらない。さらに宿命のライバル・シャフリヤールはドバイ遠征のため不在。ジャックドールとの「2強対決」と言われることもあるが、実のところはエフフォーリアの「1強」状態である。

 勝利に向けて「死角無し」と思われるエフフォーリアだが、血統面を分析すると、2つの大きな不安材料が浮かび上がった。

 1つ目の懸念は、エピファネイア産駒に早熟傾向が存在することである。産駒の全成績を年齢別にみると、勝率・複勝率ともに年を重ねるごとに低下していることは気になる。2歳時の複勝率が31.1%であるのに対して、5歳時の複勝率は10.0%にとどまっているのだ。

 実績馬を見ても、デアリングタクト、シーズンズギフト、アリストテレス、オーソクレースなど、2~3歳時は活躍をしたものの、古馬になってから思うように結果を残せていない馬が多い。

 エピファネイアの母シーザリオは日米のオークス(G1)を制した名牝であるが、怪我に泣き3歳での引退を余儀なくされている。また、エピファネイアは古馬になってジャパンカップ(G1)を制しているが、これ以外の古馬G1で好走はできなかった。

 数字の落ち込みからも、こうした「早熟傾向」が産駒に伝わっているのは否定できないだろう。産駒の傾向を考えると、エフフォーリアも他人事ではないかもしれない。

 2つ目の懸念は、大阪杯は父サンデー系の馬が圧倒的に優勢である点だ。G2時代を含む過去10年の大阪杯の勝ち馬は全て父がサンデー系。加えて過去10年で3着以内に入った馬30頭のうち、12頭はディープインパクト産駒であり、最多の5勝を挙げている。父方にサンデー系の血を持たず、ディープインパクトの血も内包していないエフフォーリアにとっては苦しいデータといえるだろう。

 実は2014年の大阪杯(当時G2)には、父・エピファネイアも出走していた。この時は単勝1.9倍の圧倒的な支持を裏切る3着に敗れている。

 そして、このときエピファネイアに先着したキズナ、トウカイパラダイスの2頭はいずれも父方にサンデー系の血を持っていた。

 今年の大阪杯で最大のライバルと目されるジャックドールは非サンデー系のモーリス産駒のため、条件から外れているものの、レイパパレ、アカイイト、ヒシイグアスといった強敵は、それぞれ父方にサンデー系の血を引いており、脅威になり得る存在だ。

 果たしてエフフォーリアは父・エピファネイアも苦しんだ「血の宿命」に抗い、2つの「最悪データ」を覆すことができるのか。古馬としての初陣に注目である。

(文=エビせんべい佐藤)

<著者プロフィール>

98年生まれの現役大学院生。競馬好きの父の影響を受け、幼いころから某有名血統予想家の本を読んで育った。幸か不幸か、進学先の近くに競馬場があり、勉強そっちのけで競馬に没頭。当然のごとく留年した。現在は心を入れ替え、勉強も競馬も全力投球。いつの日か馬を買うのが夢。

JRA大阪杯(G1)エフフォーリアを襲う2つの「最悪データ」…父エピファネイアも屈した「血の宿命」に抗うことはできるのか!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合