NEW

JRA大阪杯(G1)ジャックドールは「歴史的逃げ馬」になれるのか? サイレンススズカ、ツインターボ、メジロパーマー……ターフを沸かせた逃げ馬ベスト10

【この記事のキーワード】, ,

JRA大阪杯(G1)ジャックドールは「歴史的逃げ馬」になれるのか? サイレンススズカ、ツインターボ、メジロパーマー……ターフを沸かせた逃げ馬ベスト10の画像1

 いよいよ間近に迫った大阪杯(G1)。春の中距離王決定戦には、昨年のJRA年度代表馬エフフォーリアを筆頭に、5連勝中のジャックドール、昨年の優勝馬レイパパレ、エリザベス女王杯(G1)の優勝馬アカイイトなど注目のメンバーが揃った。

 その中で大きなポイントとなるのは、ジャックドールが逃げるのか、そしてその逃げはエフフォーリアに通用するのかという点にある。

 今年のメンバーを見てみるとジャックドール以外にも、アフリカンゴールド、レイパパレ、ショウナンバルディといった逃げて重賞を勝利した馬がいる。それだけにジャックドールが逃げられるかは分からない。

 しかしファンの本音としては小細工なしで逃げ、エフフォーリアとどちらが強いのか見せてほしいというものだろう。

 そしてジャックドールが逃げてエフフォーリアを突き放すようなことがあれば、昨年の年度代表馬に完勝することであり、すなわちそれは現役最強馬として名乗りを上げるもの。過去に活躍した偉大な逃げ馬達に近づくものとなるであろう。

 今回はジャックドールの逃げを期待しつつ、過去に実力と実績を兼ね揃えた印象的な逃げ馬10頭を紹介したいと思う。

 一口に逃げ馬といっても様々だが、今回は条件として全勝利の半分以上を逃げて勝った馬に厳選したい。特に若駒時代から逃げに拘っていたような馬こそが、真の逃げ馬と評されるべきだからだ。


サイレンススズカ

 今や大人気競馬アプリ『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)の人気キャラとして知られるサイレンススズカは、現役時代その名を轟かせた屈指の逃げ馬だ。全9勝中8勝が逃げ切りで、圧巻だったのは58kgの斤量を背負って2着に1.8秒差のレコード勝ちを見せた金鯱賞(G2)。そしてエルコンドルパサー、グラスワンダーといった実力馬に影も踏ませなかった毎日王冠(G2)だろう。続く天皇賞・秋(G1)で故障を発症しなければ、その記録はさらに伸びたに違いない。


ミホノブルボン

 デビュー戦は追い込んで勝利したが、4戦目のスプリングS(G2)から逃げはじめ、皐月賞(G1)、日本ダービー(G1)、京都新聞杯(G2)と逃げて4連勝。特に日本ダービーで2着に付けた0.7秒差は、逃げて日本ダービーを勝利した馬の中でも抜きんでている。続く菊花賞(G1)はライスシャワーに敗れたが、短距離血統ながらクラシック二冠を逃げ切った走りは見事であった。


ツインターボ

 サイレンススズカが華麗な逃げであれば、ツインターボは凶器の逃げと呼ぶべきか。間違いなく記憶に残る、異質な逃げ馬であった。テレビ中継に収まりきらないような後続を離す大逃げで、七夕賞(G3)、オールカマー(当時G3)など重賞を3勝。特筆すべき点は他の馬と異なり、新馬戦から引退するまで出走したすべてのレースでハナに立ったことだ。G1実績がなくとも、ツインターボが稀代の逃げ馬と評されている証左でもある。


マルゼンスキー

 デビューから8戦8勝、一度も負けることがなかったアメリカ産の持込馬。そのスピードは他馬を圧倒しており、全8勝のうち大差が2回、7馬身差以上が4回と圧倒的な内容。しかも朝日杯FS(当時朝日杯3歳S)は、G1レースながら2着に大差で勝利とその実力は抜きんでていた。最後のレース(ダート1200m)以外はすべて逃げて勝利しており、圧倒的なスピードが持ち味。当時の持込馬の規定で日本ダービーには出走できなかったが、もし出走していればどんな逃げを見せただろうか。


エイシンヒカリ

 ディープインパクト産駒を代表する逃げ馬といえよう。新馬戦は4番手から抜け出して勝利したが、2戦目以降は逃げ馬として開花。全10勝中8勝が逃げ切りで、特に武豊騎手が騎乗するようになってからはサイレンススズカを彷彿させる走りを見せた。中でも初の海外遠征となった香港C(G1)は海外の強豪を相手に先手を取り、そのまま押し切って勝利するという圧巻のレース。一方で負けるときは大敗と、逃げ馬の宿命を体現する成績で2着と3着は一度もなかった。

JRA大阪杯(G1)ジャックドールは「歴史的逃げ馬」になれるのか? サイレンススズカ、ツインターボ、メジロパーマー……ターフを沸かせた逃げ馬ベスト10のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合