NEW

JRA【ダービー卿CT(G3)予想】人気のザダルは余裕の「消し」で好配当を狙い撃ち! 人気馬が信頼できない荒れるハンデ重賞

JRA【ダービー卿CT(G3)予想】人気のザダルは余裕の「消し」で好配当を狙い撃ち! 人気馬が信頼できない荒れるハンデ重賞の画像1

 今回は春のマイルG1に向けたステップレースのひとつ、ダービー卿CT(G3)を予想していく。

 先週だが、日経賞(G2)は△→◎→△で的中…はよかったが、タイトルホルダーが素直に勝ってしまっただけでなく、来た馬が軒並み人気サイドで辛うじてトリガミは避けられたという感じ。タイトルホルダーはともかく、残り2頭がここまで人気するとは予想だにしていなかった。

 高松宮記念(G1)は1着に○、2着に▲までは良かったのだが、3着に17番人気でご存じの通り3連単278万馬券の大波乱。◎レシステンシアがああも簡単に飛ぶとは思わなかった。3着のキルロードは確認してみると前走オーシャンS(G3)で実は買えた馬。よくよく見れば5走遡ると3連勝していた馬だった。3連複でも52万馬券……惜しいことをした。

 さて、予想に戻ろう。

 まずはいつも通り過去10年馬券に絡んだ30頭の前走データを見てみる。
東風S(L、OP) 6頭
東京新聞杯 5頭
中山記念、阪急杯 各3頭
武庫川S(3勝クラス) 2頭
阪神C、ターコイズS、小倉大賞典、京都牝馬S、海外遠征、ニューイヤーS(OP) 各1頭
条件特別(3勝クラス) 5頭
となっている。同じマイル戦の東京新聞杯(G3)からの転戦馬が多いのだが、それ以上に同コースで行われる東風Sからの臨戦が多い。マイルG1へのステップレースとはいえ、ハンデ戦な上にこの後にもマイル重賞が控えているので、ここなら斤量やメンバーが有利になるなど考えた陣営が出走を決めるケースが多いのだろう。

 続いて人気順の成績を見てみる。
1番人気 1-2-0-7
2番人気 1-0-3-6
3番人気 2-1-0-7
4~6番人気 6-4-2-18
7~9番人気 0-1-5-24
10番人気以下 0-2-0-67
とにかく1番人気と2番人気がアテにできない。近5年に絞ってもこの両者は3頭しか来ていない。3番人気は幾分これよりはアテにできるが、こちらも近5年では2頭しか来ていない。数字で見ても率で見ても4~6番人気の中穴クラスを中心に組み立てるのが良さそうだ。


 これを踏まえて「◎」は、いきなり穴馬で2番インテンスライトを指名する。

 前走は幕張S(3勝クラス)。3番手から逃げ馬を見る格好で、直線粘る逃げ馬を捉えて勝利している。

 昨年の年頭に3勝クラスへ昇級したものの、そこから結果が付いてこず、前走の勝利まで3勝クラスの勝ち上がりに7戦を要した。前走は実に1年1カ月ぶりの勝利となったわけだが、2走前に同コースで2着しているなど兆しはあったので、勝ち上がった勢いに乗って重賞制覇を狙う。

 3歳時までは中距離戦も使われていたが、それ以降はずっとマイルに近い距離だけを使われ続けており、中距離より安定した着順を確保してきているので、距離適性はマイルあたりにあるものと思われる。長いスランプを抜け出して、上がり調子だけに積極的に押さえたい。


「○」も穴馬で16番ノルカソルカを挙げる。

 前走は小倉大賞典(G3)で、逃げを打ったものの4コーナーで後退をはじめ、ぎりぎり粘ったところが6着だった。

 前走こそ1800m戦ではあったが、マイルが主戦場でたまに1400m戦を使われるマイラー。重賞こそ3歳時のアーリントンC(G3)で12着に大敗して以降、前走が二度目の挑戦ということで、前走は経験不足と微妙な距離延長が影響したものと見える。

 そもそも勝ち切れないところのある馬で、20戦のキャリアのうち2着が7回もあるというシルバーコレクター。1勝クラスの脱出に6戦、2勝クラスに4戦、3勝クラスに4戦を要するなど、最後のもう一歩が届かない馬ではある。

 だが、2走前の3勝クラス脱出までに要した13戦のうち、馬券に絡まなかったのはわずか2回。それも4着と掲示板は確保する安定感はあるのだ。全キャリアを見ても掲示板を外したのは2度の重賞だけ。斤量は前走と同じではあるが、得意のマイル戦に戻る上、2走前が同コースでの勝利。しかも57kgを背負って勝っているので、そこから3kgもらえるとなるとチャンスは十分あり得る。

JRA【ダービー卿CT(G3)予想】人気のザダルは余裕の「消し」で好配当を狙い撃ち! 人気馬が信頼できない荒れるハンデ重賞のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合