NEW

JRA【大阪杯(G1)予想】エフフォーリアは軽視!川田将雅×レイパパレは断然の消しで、注目の上がり馬から好配当をゲット

【この記事のキーワード】, ,

JRA【大阪杯(G1)予想】エフフォーリアは軽視!川田将雅×レイパパレは断然の消しで、注目の上がり馬から好配当をゲットの画像1

 今回は春のG1シリーズ第2戦、古馬王道路線の開幕戦となる大阪杯(G1)を予想していく。

 過去データを見ていくわけだが、大阪杯は17年からG1に昇格しており、それ以前は天皇賞・春(G1)のステップレースとしてのG2だった。ここでG1昇格後の5年のデータを取るか10年分拾うかで考えたが、格付けが上がっただけで施行条件そのものはG2の頃から変わっていない。ということで、ここは10年分馬券に絡んだ30頭の前走データを拾う。
有馬記念 6頭
京都記念、中山記念 各5頭
金鯱賞 4頭
ジャパンC 3頭
菊花賞、神戸新聞杯、AJCC、チャレンジC、中日新聞杯、海外遠征、大阪城S(OP) 各1頭
となっている。元々格式の高いレースだったこともあって、条件戦からの勝ち上がりで挑戦という馬はいない。重要ステップレースという位置づけの金鯱賞(G2)だが、思ったほど馬券に絡んでいないことも注意すべきか。

 続いて人気順の成績を見てみる。
1番人気 3-2-3-2
2番人気 3-2-2-3
3番人気 0-0-0-10
4~6番人気 3-5-5-17
7~9番人気 1-1-0-27
10番人気以下 0-0-0-39
注目すべきは3番人気。上位人気にもかかわらず過去10年で1頭も馬券に絡んでいないという不思議なことが起きている。1番人気、2番人気は信用できる数字で、G1昇格後を見てもどっちも飛んだ年はないので、いずれかは馬券になっている。この上位人気に絡めて穴馬をピックアップするイメージだろう。


 これらを踏まえて「◎」は人気の一角だが4番ジャックドールとする。

 前走は金鯱賞。好スタートからハナを奪うと平均ペースでラップを刻み、そのまま後続に影さえ踏ませぬ圧勝だった。

 前走までで5連勝。3歳春に未勝利を脱出し、日本ダービー(G1)出走を目指してプリンシパルS(L)を使われるも5着。そこで一息入れて9月から怒濤の5連勝で1勝クラスからオープンまで上り詰めてしまった。

 デビューから一貫して2000m戦だけを使われ、馬券に絡まなかったのは上述のプリンシパルSだけ。初重賞の前走も楽に突破してしまった勢いは並みではない。加えて言うなら前走の走破タイムも1:57.2とかなり優秀で、逃げてこのタイムを叩き出すあたりポテンシャルの高さが見て取れる。

 大阪杯の過去10年を振り返ると、前残りするか先行勢総崩れで追い込み天国になるかのどちらかという極端な展開になっている。その中でも前で競馬していた馬が残りやすいようで、マイペースの逃げを打てれば前走の再現も十分考えられる。


「○」は13番キングオブコージを挙げる。

 前走はAJCC(G2)。出遅れて最後方からの競馬になったが、4コーナー手前から進出を始めて直線で先頭に躍り出るとそのまま後続を振り切って勝利した。

 この馬は元々マイルで使われていたのだが、結果が出ないため4歳から中距離路線に舵を切り、さらに長距離にも使ってみると好結果が出たということで今の路線に落ち着いている。4歳時はこれで4連勝し、目黒記念(G2)まで制覇している。

 近3走はやや距離が短いと取れそうな成績ではあるが、2000mを使ってからの成績上昇があったこともあり、距離短縮もさほどの問題はなかろう。陣営もデキの良さをアピールするコメントを出しており、いい感じに人気もなさそうなので逆に押さえておきたい。

JRA【大阪杯(G1)予想】エフフォーリアは軽視!川田将雅×レイパパレは断然の消しで、注目の上がり馬から好配当をゲットのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合