NEW

JRA福永祐一もM.デムーロも気が気じゃない? 「4連勝」グロリアムンディVS「3連勝」バーデンヴァイラー! 皐月賞(G1)同日に超新星が「G1・5勝」オメガパフュームに挑む!

JRA福永祐一もM.デムーロも気が気じゃない? 皐月賞(G1)同日にダートの頂上決戦「4連勝」グロリアムンディVS「3連勝」バーデンヴァイラー! 超新星が「G1・5勝」オメガパフュームに挑む!の画像1

 17日に阪神競馬場で行われるアンタレスS(G3)は、はっきり言って地味なレースである。

 昨年はコロナ禍2年目の影響もあって、売上は前年比116.9%と奮闘したが、約29億円は4月に行われた重賞レースで最低。翌週に行われたローカル重賞・福島牝馬S(G3)にさえ後れを取っている。毎年「いつの間にか終わってる」と感じている競馬ファンも少なくないはずだ。

 そんなアンタレスSであるが、昨年はテーオーケインズが勝利し、勢いそのまま最優秀ダートホースにまで上り詰めた。そういった経緯があってか、今年は史上稀に見る好メンバーとなりそうだ。

 実績No.1はオメガパフューム(牡7歳、栗東・安田翔伍厩舎)だ。

 昨年末の東京大賞典(G1)で史上初の4連覇を飾ったオメガパフューム。2019年の帝王賞(G1)を加え、堂々のG1・5勝馬である。昨年は5月の平安S(G3)から始動したが、今年は同レースからシーズンの幕開けとなるようだ。

 ちなみにここ3年間、アンタレスSに出走したG1馬はゼロ。これだけを見ても、同レースにとっては“大事”である。無論、目標は先だろうが要注目の存在と言えるだろう。

 例年であれば、このダートの強豪の始動を見守るレースになりそうだが、今年はそうはいかないかもしれない。最近、ダート界の「超新星」と評されている2頭が、ここで初のダート重賞挑戦を迎えるからだ。

 まずはグロリアムンディ(牡4歳、栗東・大久保龍志厩舎)だ。

 2歳秋に京都2歳S(G3)4着などクラシックを目指していたグロリアムンディだが、厚い壁に跳ね返される形で昨年12月にダートへ転向した。すると水を得た魚のように、いきなり4馬身差で圧勝して一気に4連勝。前走の名古屋城S(OP)でオープンクラスの壁もあっさり突破し、ここへ駒を進めてきた。

 名古屋城Sを勝ってアンタレスSへ出走するのは、昨年のテーオーケインズと同じ。ここで5連勝を飾るようなら、いよいよダート界の頂点が見えてくる。

 そんなダート界の新星に勝るとも劣らない勢いスケールを持っているのが、3連勝中のバーデンヴァイラー(牡4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)だ。

 こちらも2歳秋に芝でデビューしたが、3着だったことでダートへ矛先を替えた。すると未勝利戦を6馬身差で圧勝。脚部不安で出世が遅れたが、復帰戦となった昨夏の1勝クラスを9馬身差で圧勝している。その後、芝再挑戦などもあって連敗したが、ダートに戻って3連勝と再び上昇気流に乗った。

 キャリアはまだ8戦と若いが、良馬場のダートなら5戦5勝。初のオープン出走となった前走の総武S(OP)も2馬身半差であっさり突破しており、こちらも底知れないスケールを感じさせる。

JRA福永祐一もM.デムーロも気が気じゃない? 「4連勝」グロリアムンディVS「3連勝」バーデンヴァイラー! 皐月賞(G1)同日に超新星が「G1・5勝」オメガパフュームに挑む!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合