NEW

JRA【ニュージーランドT(G2)展望】横山典弘「後方ポツン」炸裂のマテンロウオリオンが実績最上位! リューベックと共にG3降格危機を救えるか

JRA【ニュージーランドT(G2)展望】横山典弘「後方ポツン」炸裂のマテンロウオリオンが実績最上位! リューベックと共にG3降格危機を救えるか の画像1

 9日、中山競馬場で開催されるのは3歳馬によるマイル重賞、ニュージーランドT(G2)だ。3着馬までにNHKマイルC(G1)への優先出走権が与えられる前哨戦だが、G2からG3への降格危機に直面している。

 直近3年のニュージーランドTは、レースレーティングが3歳G2の基準となる110を3ポンドを超えて下回っていた。そのため、日本グレード格付管理委員会から警告を受けたという。今年のレーティング如何では降格の審査が行われる可能性が高くなるが、果たして今年は基準を満たすレベルの一戦となるのだろうか。

 実績的には、マテンロウオリオン(牡3歳、栗東・昆貢厩舎)が頭一つ抜けている。ただし、現時点で翌週の皐月賞(G1)との両にらみとなっており、出否は未定となっている。

 昨年12月の2歳新馬戦でデビューしたマテンロウオリオン。レースは太宰啓介騎手を背に2着に敗れたが、中1週で万両賞(1勝クラス)に格上挑戦すると、乗り替わった横山典弘騎手が1頭だけ後方にポツンと控える競馬。これが見事に的中し、直線大外を通って、10頭をごぼう抜きにした。

 さらに中1週でシンザン記念(G3)へ向かうと、ここでは好位につける正攻法で、後ろから迫るソリタリオに競り勝ち、重賞制覇を遂げた。前走後は放牧で1か月間に3走した疲れを取り、春の大一番に向け、栗東で調教を積まれている。

 10年前には同じダイワメジャー産駒のカレンブラックヒルがここをステップにNHKマイルCを制したが、マテンロウオリオンはそれに続けるか。皐月賞という選択肢も残す中、陣営の判断に注目が集まる。

 もしマテンロウオリオンが回避すれば、重賞勝ち馬は不在となりそうだが、そこで浮上するのが1月の若駒S(L)を勝利したリューベック(牡3歳、栗東・須貝尚介厩舎)だろう。

 国内外でG1を2勝したディアドラの全弟としてデビュー前から注目され、2走前の若駒Sで強敵リアドを退けた。前走は皐月賞を見据えて、弥生賞(G2)に挑むも6着に敗れている。

 今回は前走から2ハロン距離を短縮し、初のマイル戦で変わり身を狙う。姉は2000m前後で活躍していたイメージがあるが、3歳春までは1400~1600mで好走していた。

 メンバーレベルも手薄になる今回は好勝負必至だろう。鞍上は昨夏の函館でデビュー戦勝利に導いた吉田隼人騎手に乗り替わる予定だ。

JRA【ニュージーランドT(G2)展望】横山典弘「後方ポツン」炸裂のマテンロウオリオンが実績最上位! リューベックと共にG3降格危機を救えるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合