NEW

JRA戸崎圭太「単勝1.6倍」桜花賞(G1)悪夢の敗戦から7年、再び現れた無敗の“怪物候補”と誓うリベンジの時

【この記事のキーワード】, ,
JRA戸崎圭太「単勝1.6倍」桜花賞(G1)悪夢の敗戦から7年、再び現れた無敗の怪物候補と誓うリベンジの時の画像1
戸崎圭太騎手

 2015年の桜花賞(G1)。一頭の無敗馬に大きな注目が集まった。

 その名はルージュバック。デビューから3戦3勝、しかも全て牡馬相手に鋭い末脚で完勝してきたこともあり、戦前には競馬ファンの間で「怪物」と騒ぎ立てられた。主戦を務めていた戸崎圭太騎手も前年に中央競馬で初めて年間リーディングを獲得し、もはや飛ぶ鳥を落とす勢いがあった。

 そんな「最強タッグ」に疑いの余地は少なく、桜花賞では単勝1.6倍の断然人気に支持され、伝説の幕開けを期待するゲートが開かれた。

 好スタートを決めると、道中は馬群の中団を追走。最初の3ハロン37秒1というマイルG1では異例の超スローペースのなか、ポジションを少し下げる場面はあったが、最後の直線では誰もが「いつものように弾ける」そう思った。

 しかし、その直線では驚きの光景が待っていた。

「まだルージュバックは後方!ルージュバックは後方です!」

 実況アナウンサーから心配の声が上がる最中、鞍上のGOサインとともに懸命に追い出されるも、いつもの伸び脚は見られない。逃げて先頭をひた走っていたレッツゴードンキとの差は、縮まるどころか寧ろ広がるばかり。結局ゴールまで何の見せ場もなく、観客の悲鳴とともにルージュバックは馬群に沈んだ。

 後にも先にも、戸崎騎手がG1で単勝1倍台の馬に騎乗したのは、この1度きり。初めて経験する重圧を背負い、勝ち馬の鞍上・岩田康誠騎手が作り上げた巧みなスローペースに翻弄され、改めて「競馬に絶対はない」と思い知らされるレースとなってしまった。

「桜花賞では、圧倒的人気を裏切る不甲斐ない騎乗をしてしまって……」

 次走のオークス(G1)出走前の共同記者会見で、当時の歯がゆい思いを語った戸崎騎手。そのオークスでは再び1番人気に支持され2着に巻き返すことに成功したが、「怪物」と謳われたルージュバックからすれば、期待に応える活躍とまでは言い難かった。同馬は生涯で重賞を3勝するも、ついにはG1タイトルを掴む事なくターフを去った。

JRA戸崎圭太「単勝1.6倍」桜花賞(G1)悪夢の敗戦から7年、再び現れた無敗の“怪物候補”と誓うリベンジの時のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合