NEW

JRA大阪杯(G1)武豊「一瞬、勝てると」120点回答に絶賛の嵐! デアリングタクト調教師「びっくりしました」C.ルメールの急遽代役で魅せた神騎乗

【この記事のキーワード】, , ,
JRA大阪杯(G1)武豊「一瞬、勝てると」120点回答に絶賛の嵐! デアリングタクト調教師「びっくりしました」C.ルメールの急遽代役で魅せた神騎乗の画像1
ポタジェ

 3日、阪神競馬場で行われた大阪杯(G1)は、8番人気のポタジェ(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎)が勝利。2015年の桜花賞(G1)で単勝1.6倍だったルージュバックは結局G1勝利とは縁がなかったが、弟が姉の無念を晴らした。

 現役王者エフフォーリアと、5連勝中の新星ジャックドールとの2強対決と見られていた今年の大阪杯。だが終わってみれば、2強が共に馬券圏外に沈むまさかの結果。三連単は53万7590円の大波乱となった。

 2017年のG1昇格以降、比較的平穏な決着が続いていた大阪杯。昨年はコントレイル、グランアレグリア、サリオスの3強が揃って敗れる波乱の結果だったが、それでも三連単は10万6210円。今年は、まさに歴史的波乱と言えるだろう。

 勝ったポタジェと共に、そんな波乱劇の立役者となったのが、7番人気ながら3着に好走したアリーヴォ(牡4歳、栗東・杉山晴紀厩舎)だ。

「大阪杯に騎乗馬がなく、今朝は桜花賞の1週前追い切りに騎乗して早々に仕事を仕舞いました」

 先月30日、つまり水曜日の時点では、紛れもなく大阪杯の武豊騎手の騎乗馬はいなかった。本人も公式ホームページで「今週は土日とも阪神で騎乗する予定ですが、メーンがないこともあって中休みの感じ」と一抹の寂しさを綴っていることからも、まさか“緊急参戦”できるとは思ってもいなかったはずだ。

 しかし、先週のドバイワールドカップデーから帰国したC.ルメール騎手が、コロナ感染症対策の注意義務を怠ったとして戒告処分。大阪杯が行われる3日まで待機命令が下ったため、騎乗予定だったアリーヴォの手綱が武豊騎手に回ってきた。

 アリーヴォ陣営としても、思いがけない乗り替わりだったろうが、百戦錬磨の武豊騎手が空いていたことは不幸中の幸いか。三冠牝馬デアリングタクトを手掛ける杉山晴紀調教師も「レジェンドですからね。レースに対して何か言うつもりもない」と全権委任の構えだった。

JRA大阪杯(G1)武豊「一瞬、勝てると」120点回答に絶賛の嵐! デアリングタクト調教師「びっくりしました」C.ルメールの急遽代役で魅せた神騎乗の画像2
武豊騎手

 そんな陣営の期待に一発回答して見せたのが、武豊騎手がレジェンドと称される所以だ。

 ジャックドールが前半の1000m通過58.8秒で飛ばす中、中団内目でじっと我慢の競馬。特筆すべきは、勝負どころの3、4コーナーの進路取りだろう。大本命馬のエフフォーリアやアカイイトといった有力馬が、距離ロス承知で外から捲る選択をしたことに対して、内からスルスルとポジションを上げて行ったのがアリーヴォだった。

 最後の直線で勝ち馬ポタジェの直後につけると、外から追い上げてきたヒシイグアスと馬体を併せてもう一伸び。最後はポタジェ、レイパパレとの叩き合いに持ち込んだものの、惜しくも3着だった。

JRA大阪杯(G1)武豊「一瞬、勝てると」120点回答に絶賛の嵐! デアリングタクト調教師「びっくりしました」C.ルメールの急遽代役で魅せた神騎乗のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合