NEW

JRA大阪杯(G1)安藤勝己氏「負けるべくして負けた」ジャックドールをバッサリ! 裏目出た「10秒3」の強気、逃げに拘った藤岡佑介の功罪

【この記事のキーワード】, , ,
JRA大阪杯(G1)ジャックドール強気過ぎた「10秒3」が裏目!? 安藤勝己氏「負けるべくして負けた」とバッサリ、スタイルに拘った藤岡佑介の功罪の画像1
ポタジェ

 3日、阪神競馬場で開催された大阪杯(G1)は、吉田隼人騎手の8番人気ポタジェが大金星となるG1初勝利を挙げた。2着にレイパパレ、3着にアリーヴォが入った3連単の払戻しは53万7590円。今春2つ目のG1開催は、3連単278万馬券の飛び出した高松宮記念(G1)に続き、またしても大波乱となった。

 戦前の下馬評では、単勝1.5倍の圧倒的な支持を受けた1番人気エフフォーリアと、単勝3.7倍に推された2番人気ジャックドールが、3番人気以下を離す二強を形成した。一騎打ちムードが濃厚だった今年の大阪杯だが、前者は9着、後者は5着とどちらも馬券圏内に食い込むことは出来なかった。

 後方から見せ場なく敗れた大本命エフフォーリアは、全くらしさが見られないままの凡走といっていい走り。この件については、元JRA騎手の安藤勝己氏も自身のTwitterで「心配になる、よくない負け方」と気になるコメントを出していた。

 また、ライバルと見られたジャックドールに関しては、中2週のテンションが気になったとしつつ、「いつものダッシュやなかったし、ペース的にも負けるべくして負けた」と振り返っている。

 エフフォーリアの場合、敗因が能力以前の可能性も考えられる見解だが、ジャックドールについては「負けるべくして負けた」とバッサリ。これには鞍上である藤岡佑介騎手の騎乗も無関係ではなさそうだ。

 良馬場の芝2000mで迎えた大阪杯だが、1000m通過の前後半は58秒8-59秒6で前半の方が速い前傾ラップ。最後の直線半ばでジャックドールが力尽きる原因となったことは、ほぼ間違いないだろう。

 ただ、直線入り口で4番手のポタジェ、同じく3番手レイパパレがワンツーフィニッシュを決めたことを考えれば、決して差し馬向きの展開だったとも言い切れない。

 では、なぜジャックドールだけ垂れてしまったのか。

JRA大阪杯(G1)ジャックドール強気過ぎた「10秒3」が裏目!? 安藤勝己氏「負けるべくして負けた」とバッサリ、スタイルに拘った藤岡佑介の功罪の画像2
藤岡佑介騎手

「スタートはいつもよりダッシュの利かない感じ。出していった分、いつもよりペースが速くなった。右トモ落鉄の影響もあったかもしれません」

 レース後、藤岡佑介騎手は敗戦をそう振り返ったが、ペースが速くなり過ぎた理由は、スタート直後の2ハロン目のラップにあったと思われる。

 前傾ラップを決定づけたのが2ハロン目に刻まれた「10秒3」という数字だ。10ハロン中の9ハロンで11秒台から12秒台のラップが続いた今年の大阪杯。2番目に速かったラップが11秒5だったことを考えると明らかに突出している。

JRA大阪杯(G1)安藤勝己氏「負けるべくして負けた」ジャックドールをバッサリ! 裏目出た「10秒3」の強気、逃げに拘った藤岡佑介の功罪のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合