NEW

JRA大阪杯(G1)「わしポタジェ言いよったよなぁぁぁ!!!!」大波乱決着で「帯封」ゲットの大的中! 人気競馬YouTuberの“神予想”炸裂

【この記事のキーワード】, ,
JRA大阪杯(G1)「わしポタジェ言いよったよなぁぁぁ!!!!」大波乱決着で「帯封」ゲットの大的中! 人気競馬YouTuberの神予想炸裂の画像1
撮影:Ruriko.I

「わしポタジェ言いよったよなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!」

 3日、阪神競馬場で行われた大阪杯(G1)のレース直後、自身のTwitterを通じて馬券的中を報告したのは、二人組の人気競馬系YouTubeチャンネル『ニートボクロチキン』の一人であるネクロマンシー中井氏だ。

 興奮したツイートとともに、そこには勝ち馬ポタジェの単勝3万円分の購入馬券の写真が投稿されていた。その単勝配当は驚愕の58.7倍で、計算すると払い戻しは176万円となる「帯封」ゲットの大的中となった。

 詳しい内容はぜひYouTubeチャンネルをご覧頂きたいが、前日に投稿された動画内でポタジェを本命に指名していた中井氏。週中に投稿された出走予定馬全頭を診断する動画では、人気を集めそうなエフフォーリアやジャックドールに対し「危険な人気馬」と話しており、大波乱決着となったレースを完全に読み切った。

 早速、レース後に投稿された動画では、二人でレース映像を見守るシーンがあり、「ポタジェまじでいったやん!ポタジェ!ポタジェ!ヨッシャア!言うたやん!」と最後の直線で見せた伏兵本命馬の激走に喜びを爆発させ、視聴者に当時の興奮した状況を届けている。

「2019年にチャンネル開設した『ニートボクロチキン』は、現在チャンネル登録者数17万人を超える人気がある競馬系YouTubeチャンネルです。動画内では常にサングラスをかけている本命党のサノバビッチ松浦氏と、自身をプロギャンブラーと称し期待値を追求する穴党のネクロマンシー中井氏の、幼馴染二人が繰り出す競馬ネタのやり取りや予想が大変人気となっています。

なかでも、穴党の中井氏はチャンネル開設以降の馬券回収率が毎年100%を超えており、鋭い洞察力を駆使して常に期待値の高い穴馬を軸に馬券を組み立て、何度も高配当を的中しています。

過去には、2019年の日本ダービー(G1)で単勝93倍の大穴ロジャーバローズを本命に指名し、3連単1990倍の配当を1000円分的中し「帯封」を獲得していますし、昨年は地方競馬で購入が可能なトリプル馬単で300万円を超える高額配当を2度も的中している強者です。

昨年の大阪杯でも、コントレイル、グランアレグリア、サリオスの3強に人気が集中する中で、単勝68倍のモズベッロを本命に3連複馬券を的中させていましたし、今回もエフフォーリアやジャックドールがいる中で、伏兵ポタジェを本命に単勝3万円購入とは…お見事としか言いようがありません」(競馬誌ライター)

 今回、会心の大的中を決めた大阪杯はあくまで予想の上では「叩き台」であり、次週の桜花賞(G1)が「メイチ」だと冗談半分に動画内で話していた中井氏。今週末に投稿予定の桜花賞の予想動画にも大きな注目が集まりそうだ。

(文=ハイキック熊田)

<著者プロフィール>
ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

JRA大阪杯(G1)「わしポタジェ言いよったよなぁぁぁ!!!!」大波乱決着で「帯封」ゲットの大的中! 人気競馬YouTuberの“神予想”炸裂のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  2. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  3. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  4. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  5. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  6. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  7. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  9. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  10. JRAレシステンシアに起きた元・主戦騎手との「運命」の交差…すれ違いの骨折判明で「最後の秋」の出走は