NEW

JRA大阪杯(G1)武豊「だから負けたんか」アリーヴォ惜敗に軽妙ジョーク! 代打神騎乗にファン絶賛も、驚くべき新事実が明るみに

【この記事のキーワード】, , ,
JRA大阪杯(G1)武豊「だから負けたんか」アリーヴォ惜敗に軽妙ジョーク! 代打神騎乗にファン絶賛も、驚くべき新事実が明るみにの画像1
武豊騎手

 3日、阪神競馬場で行われた大阪杯(G1)は、ポタジェがゴール前の激戦を制し、待望の重賞初タイトルがうれしいG1制覇となった。

 クビ差の2着にはレイパパレ、さらにハナ差の3着にはアリーヴォ(牡4歳、栗東・杉山晴紀厩舎)が入った。

 道中は1番人気のエフフォーリアをマークするように、中団やや後方を進んだアリーヴォ。3コーナーすぎから徐々に進出を開始し、4コーナー手前でエフフォーリアを交わすと、直線で馬群を割って上位争いに加わった。

 レース後、鞍上を務めた武豊騎手は「スムーズに行って直線は手応えがありました。一瞬は勝てると思いました」と、ゴール前の激戦を振り返り、「このメンバーでもやれる馬です」と、アリーヴォのポテンシャルの高さを口にした。

 その一方、武騎手とある人物のレース後のやり取りがSNSで話題になっている。

 その人物とは有名競馬ライターの平松さとし氏だ。平松氏は競馬専門紙のトラックマンを経て現在はフリーランスとして活動。国内はもちろん、世界中を飛び回りながら、新聞、雑誌をはじめ様々な媒体に競馬に関わる記事を寄稿している。

 Twitterのプロフィール欄には「武豊騎手や藤澤和雄調教師とも懇意にしていただき――(原文ママ)」とあるように、武豊騎手とは普段からも付き合いがあるようだ。

 その平松氏が大阪杯の翌日にツイートした内容がこちらだ。

「大阪杯はアリーヴォが本命。レース後、武豊騎手にそれを報告したら こんな返事きたよ」

 絶叫した顔文字とともに添付されていたのが、武騎手とのやり取りとみられるLINEのキャプチャーだった。

JRA大阪杯(G1)武豊「だから負けたんか」アリーヴォ惜敗に軽妙ジョーク! 代打神騎乗にファン絶賛も、驚くべき新事実が明るみにのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合