NEW

パチンコ出玉性能に関わる「大きな秘密」が隠されていた!? ―元祖6段階設定パチコン後編―

【この記事のキーワード】, ,

パチンコ出玉性能に関わる「大きな秘密」が隠されていた!? ―元祖6段階設定パチコン後編―の画像1

『釘調整不要』のパチコン『GIGA』。
しかしそれはあくまでも謳い文句に過ぎず、やはり釘調整は必須。誘導釘やヘソ付近、電チューのスルーチャッカーなど、諸々の調整によりガラリと変わってくる訳ですからね。

 いくら6段階設定付きとはいえ、釘調整の重要度が絶対的だった時代。全く触らないホールなどなかったと思われます。とりあえず、思ったほどの人気は出なかった印象です。

 なぜなら時代はパチスロ2、3号機の裏モノ全盛期。パチンコの方も多くのメーカーから保留玉連チャン機が登場していたため、単調なノーマルのドラム機では厳しかった訳です。

 更には低設定域の大当り確率の低さだけが悪目立ちしたため敬遠する人も多数でしたが…。このGIGAには設定でもなく、電チューの高確率機能でもない「大きな秘密」が隠されていたのでした。

 それがおよそ2時間半に一度、確率にして約1/16000で訪れるという『チューリップパニック』。これはスタート回数を一定に保つ電チュー高確率状態とは違い、次回大当りまで電チュー高確率が続く実質的な時短機能です。

 しかし公式なアナウンスがあった訳でなく、パッと見でも判らないため気づかずに席を立つ遊技客も多かったのですが…実はドラムの停止タイミングとサイドランプの点滅回数から判別は可能。それを拾い歩くという攻略法もありましたが、それが『表』に出回るのは荒し尽くされた後でした。 

 攻略誌に掲載されてから以降はホールの釘調整も酷く、パニック中でも玉が減ってしまうため、あまりオイシイ攻略法ではありませんでした。あとは朝イチのランプで設定変更を見抜くことも可能でしたね。 

パチンコ出玉性能に関わる「大きな秘密」が隠されていた!? ―元祖6段階設定パチコン後編―のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合