NEW

JRA武豊「G1完全制覇」に新たなライバル登場!? ディープインパクト、キングカメハメハ所有…安藤勝己氏も「凄まじい」と唸った相馬眼

【この記事のキーワード】, ,
JRA武豊「G1完全制覇」に新たなライバル登場! ディープインパクト、キングカメハメハも所有した相馬眼…安藤勝己氏「主眼は凄まじい」と唸ったポタジェの激走の画像1
ポタジェ

 3日、阪神競馬場で行われた大阪杯(G1)はそれまで重賞未勝利の8番人気のポタジェが激走し、大波乱を引き起こした。このG1勝利がオーナーの金子真人ホールディングス(金子真人名義を含む)にとってJRA・G1通算31勝目となった。

 大阪杯の勝利によって、金子オーナーはJRA・G1競走全制覇まで残すところ、高松宮記念(G1)、マイルCS(G1)、朝日杯FS(G1)、ホープフルS(G1)の4つとなった。実に凄まじいとしか言いようのない快進撃だ。

 馬主と騎手と立場は異なるが、武豊騎手はG1全制覇まであとホープフルS(G1)を残すのみ、C.ルメール騎手は高松宮記念、大阪杯、朝日杯FSの3つを残すのみ。この3人の中で誰が最初にG1全制覇するかは見ものであるが、個人馬主で競馬史上最高とも言えるレジェンド騎手の間に割って入るというのだからその馬を見る目は神懸かっている。

 大阪杯のレースの結果を受けて安藤勝己元騎手も自身のTwitterで「ポタジェ。この相手でG1馬にしてまうか…」「金子さんの主眼と友道厩舎の手腕は凄まじい」と驚嘆していた。

 なぜこれほどまでに金子オーナーはG1を勝ち続けられるのか…?滅多なことではメディアに出てこない同オーナーの相馬術の秘訣は謎だが、自身の目で見て馬選びをしているのだろう。

 金子オーナーの場合、庭先取引で牧場からいい馬をあてがってもらうというより、市場へ行って自分で馬を見て競り落とすのだから、その相馬眼は豪運だけでは済ませられない。

 ポタジェについてもその上の兄姉は皆キャロットファームの持ち馬なのに、ポタジェだけピンポイントでセレクトセールで競り落して、兄弟唯一のG1馬を引き当てた。何か憑き物でもついているのではないかとも思わせる相馬眼の凄さである。

 振り返れば、馬主業を始めた1995年に吉田勝己氏とともにキーンランドのジュライセールへ出向き、当地でブラックホークを競り落とした。そのブラックホークがスプリンターズS(G1)と安田記念(G1)を制したことから「金子伝説」は始まり、その後、1998年に創設されたセレクトセールでは活躍馬を続々と競り落とした。

 セレクトセール創設元年の1998年には早速、京成杯(G3)を制したボーンキングを引き、2002年にはひだかトレーニングセールで関屋記念(G3)を勝ったブルーイレヴンを引き当てる。

 2000年には南部杯(G1)などG1を4勝したユートピアや重賞3勝のサイレントディールを当て、あたり前であるかのように重賞馬を競りで引き当てるという驚異の名馬的中率だ。

JRA武豊「G1完全制覇」に新たなライバル登場!? ディープインパクト、キングカメハメハ所有…安藤勝己氏も「凄まじい」と唸った相馬眼のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  2. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  3. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  4. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  5. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  6. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  7. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  9. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  10. JRAレシステンシアに起きた元・主戦騎手との「運命」の交差…すれ違いの骨折判明で「最後の秋」の出走は