NEW

JRA藤田菜七子「元クラシック候補」と新コンビ決定! 武豊ドウデュース陣営から舞い込んだ依頼と、新たな「一口馬主クラブ」の存在

【この記事のキーワード】, ,
JRA藤田菜七子「元クラシック候補」と新コンビ決定! 武豊ドウデュース陣営から舞い込んだ依頼と、新たな「一口馬主クラブ」の存在の画像1
藤田菜七子騎手

 今年ここまで僅か1勝と苦戦が続いている藤田菜七子騎手。現状を打破すべく、栗東に拠点を移してから早1ヶ月が経過した。

 まだ白星こそ挙げられていないが、先月27日の中京開催では、昨年の日本ダービー(G1)をシャフリヤールで制するなど日本有数のトップステーブルとして知られる藤原英昭厩舎と初のタッグが実現。移籍の効果は徐々に表れ始めているといっていいだろう。

 そんな菜七子騎手に、関西の有力厩舎からまた新たな騎乗依頼が舞い込んだ。23日、東京競馬場で行われるオアシスS(L)に出走を予定しているマイラプソディ(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎)だ。

 ハーツクライ産駒の同馬は、武豊騎手とのコンビで2019年7月の新馬戦を快勝。続く野路菊S(OP)、京都2歳S(G3)と3連勝を決めたことで、一気にクラシックの最有力候補に浮上した。

 なお、京都2歳Sの勝利インタビューの際には、名付け親でもある武豊騎手が「走ってくれてよかったです(笑)」と、安堵のコメントを残すシーンも見られた。

 しかし、単勝1.5倍に支持された年明け初戦の共同通信杯(G3)を4着に敗れると、その後は重度のスランプに突入。神戸新聞杯(G2)のレース中には鼻出血を発症するなどのトラブルにも見舞われ、現在までに10連敗を喫している。

JRA藤田菜七子「元クラシック候補」と新コンビ決定! 武豊ドウデュース陣営から舞い込んだ依頼と、新たな「一口馬主クラブ」の存在の画像2
マイラプソディ

「連勝が途切れてからは精彩を欠いているマイラプソディですが、現況を打開するため、前走は初のダート戦となるポルックスS(OP)に出走。着順こそ12着と振るいませんでしたが、勝ち馬からは0秒9差に健闘し、僅かではありますが復調の兆しを見せました。

ダート2戦目となる次走のオアシスSでは、さらなる前進が期待されます」(競馬誌ライター)

 そんなマイラプソディとの新コンビが決まった菜七子騎手は、既に調教でコンタクトを取っており、『デイリースポーツ』の取材によると「パワーがすごくて……少し持っていかれてしまいました」とのこと。

 ここにきて、馬もかつての前進気勢を取り戻しつつあるのかもしれない。復活を目指す人馬に大きな注目が集まりそうである。

 なお、マイラプソディを所有するのはキーファーズ。代表の松島正昭氏は「武豊騎手と凱旋門賞(G1)を勝つのが夢」と公言するなど、熱烈な武豊ファンとしても有名だ。氏の所有馬で同じく友道厩舎が管理するドウデュースが、武豊騎手を背に来週の皐月賞(G1)に出走を予定している。

JRA藤田菜七子「元クラシック候補」と新コンビ決定! 武豊ドウデュース陣営から舞い込んだ依頼と、新たな「一口馬主クラブ」の存在のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合