NEW

『ゲームセンタータンポポ』の接客…現在のパチンコ店との比較~昭和のテーマパークを目指して~

『ゲームセンタータンポポ』の接客…現在のパチンコ店との比較~昭和のテーマパークを目指して~の画像1

 何回も恐縮ですが、私の原稿の多くは『ゲームセンタータンポポ』からヒントやアイデアを頂いてます。直近のパチンコやスロットからでも良いのですが、その原点となるとひと昔前の原風景を出発点としたいのです。その点はご容赦下さい。今回は、その接客や対応などを観ながら、現在のパチンコ店と比較考察します。

 以前も紹介したと思いますが、同店では昭和から平成にかけてのパチンコ店を再現。箱の上げ下ろしや球流しもセルフサービスですし、接客もサービスも当時を再現しています。

『ゲームセンタータンポポ』の接客…現在のパチンコ店との比較~昭和のテーマパークを目指して~の画像2
『タンポポ』のお願いとお断り

 不便なところを了承してほしいなどの趣旨が店内に貼り出されていたり、同店のオーナーである【ひげ紳士】さんの著書『ひげ紳士の挑戦記~大衆娯楽を取り戻す~』にも似たような内容が記されています。

 もう何回も来店している皆さんならお分かりだと思いますが、店員の「ひげ紳士」さんも「はざま」さんも、本当にその当時の店員さんを上手く演出してくれています。

 店内のマイクパフォーマンスは当たり前のことですが、特にひげ紳士さんと仲良くしてしまうと様々なサービス? があります。例えばあまりにも大当りし過ぎて連チャンしてドル箱を積むと如実に嫌な顔をしていたり、今後は当らないように鍵穴に指で押してオカルト的な動作をしたりしてくれます。

『ゲームセンタータンポポ』の接客…現在のパチンコ店との比較~昭和のテーマパークを目指して~の画像3
ひげ紳士さんのおちゃらけも演出の一部
『ゲームセンタータンポポ』の接客…現在のパチンコ店との比較~昭和のテーマパークを目指して~の画像4
マイクアナウンス中のひげ紳士さん

 これだけではなく、それぞれの機種説明もお2人が丁寧に教えてくれます。サービスも当時を再現していると書かれていても、当時はもっとひどかった印象でしたけどね。

 現在のパチンコ店でもサービス(いわゆる接客)は、法人さんによってはホスピタリティコンテストを実施しているほど向上したと思います。

 でもどうでしょうか、私にはどうしても型に入ったマニュアルガチガチの接客に見えてなりません。仮に機種説明でも同じです。「あっ、これは実際に打っていない説明だな?」と感じることがあります。また長く話すことも、あまりない気がします。

 しかし、ひげ紳士さんやはざまさんの機種説明は「活きた機種説明」という感じです。現在では、機種説明や確率POPがあるのが当たり前ですね。実際に何度も何度も打ってきている感覚は、その言葉の発し方から異なっていますし。

 かつ同店でユーザーさんからのデータも、しっかり取り入れているのも分かります。当時の一部のパチンコ店では、稼動がなかった小規模なパチンコ店にありがちだったかもしれませんが、このような会話がしょっちゅうあった記憶が私にはありました。店員による箱の上げ下ろしがあったかもしれません。

『ゲームセンタータンポポ』の接客…現在のパチンコ店との比較~昭和のテーマパークを目指して~のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合