NEW

パチンコ入替専用台車「マジか2」も紹介…「SDGs」は事業の多角化にも繋がる。余暇進が令和4年3月度部会を開催

【この記事のキーワード】,

パチンコ入替専用台車「マジか2」も紹介…「SDGs」は事業の多角化にも繋がる。余暇進が令和4年3月度部会を開催の画像1

 一般社団法人余暇環境整備推進協議会(余暇進)は3月8日、令和4年3月度の部会を開催し、その内容を先日、公式HP上で公表した。

 新型コロナウイルス感染症の流行状況を勘案して会場「YMCAアジア青少年センター」とオンラインを併用した今回の部会では、合同会社オフィス西田から環境戦略コンサルタントの西田純氏を講師に招き、『SDGs』に関する講演を聴講したそうだ。

 講演では、長年に渡って国連工業開発機関での勤務経験がある西田氏が、国連においてSDGsが開発されるまでの経緯や、なぜ今SDGsが注目を集めているのかといった背景を説明した。

 その上で、日本国内でSDGsに取り組む企業の事例をいくつか取り上げ「さまざまなステークホルダーから選ばれやすくなっている」とコメント。そのメリットには「優秀な人材の確保や社内の活性化・売上の向上、事業の多角化(ビジネスチャンス)に繋がるものだ」と続けたそうだ。

 SDGsは2030年を目標とした計画であり、残り8年を切った。これについて西田氏は、2030年の先には現時点で積み残しとなっている課題も含めた「SDGs2.0とも呼べるような取り組みへの進化が予想される」と述べ、SDGsへの取り組みは「さらに重要性を増していく」との見解を示したという。

従業員満足の向上と入替作業の効率化を両立させる製品も紹介

 また、部会では会員プレゼンテーションとして株式会社スリーストンからパチンコ入替専用台車「マジか2」の製品紹介もあった模様。この「マジか2」はパチンコ台の入替にかかる労務負担を軽減する製品で、台車を遊技椅子の座上で回転させ、台車の台座と遊技台を水平にした状態からスライドさせるように遊技台の取り外し、取り付け作業ができる。

 同プレゼンテーションでは労務負担を軽減することで従業員満足の向上と入替作業の効率化を両立させる製品である旨や、プロモーション動画が上映されたそうだ。

【注目記事】
【4月18日パチンコ新台②】甘デジ「1500発シリーズ第二弾」、1球勝負の「ALL1500発マシン」、非確変の方がアツい「常識外れスペック」が爆誕!! 
パチスロ「一部マニアしか知らない」超激レア台!? 国民的ビッグタイトルとのタイアップ機を振り返り
【パチスロ初打ち速報】2400枚の連打も狙える暴君SPECの評価は? 強烈な出玉性能を称賛する声!! 

パチンコ入替専用台車「マジか2」も紹介…「SDGs」は事業の多角化にも繋がる。余暇進が令和4年3月度部会を開催のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合