NEW

パチンコ「数百発が10倍」に化ける!? ホールの便利システムを利用した必勝法とは

【この記事のキーワード】,

パチンコ「数百発が10倍」に化ける!? ホールの便利システムを利用した必勝法とはの画像1

 大注目の『P大工の源さん超韋駄天BLACK』がいよいよ導入され、世の連チャンマニアをがっつかせている昨今ですが、これからも『Pミリオンゴッド-一撃-』や『P頭文字D』、『Pはぐれ刑事純情派』など出玉性能に優れた機種が続々と登場します。

 もう「万発」などという「いっぱい出したった」基準は過去のもの。2万発、3万発も平常運転で、5万発くらい出せばようやく自慢できるといったところでしょうか。それどころか10万発マシンもコンスタントに出現しますし、いまのパチンコは凄まじいの一言です。

 こういった大量出玉の認知の仕方も時代で変わりました。かつてはドル箱を要塞のように積み上げ、インパクトのあるビジュアルで「量」をわかりやすくアピールしていましたが、いまでは「崖スランプグラフ」や「○○○○○発!」といったデータや数字だけのデジタル指向です。

ホールに便利システムが普及

 これはパーソナルシステムの普及といった側面もあるでしょう。打ち手が自分で出玉の管理をできるこの機能、控えめにいって最高ですよね。大当りのたびにいちいち店員呼ばなくてもいいし、台移動も極めて楽ちん。いまやパーソナルシステムなしでパチンコ打つことは考えられないくらいです。

 数々のメリットがあるパーソナルシステムですが、一番はかどる要素は出玉の数を把握できること。交換するときに余り玉を出さないように調整できるじゃないですか。ヤクルトだのあめチャンだの歌舞伎揚げだのは受け取りを断ってしまいますよ。

 だからヤメるときは必ず特殊景品のナニがぴったりになるようにしています。まあ、基本的には○○48発とかキリのいい数字になることなんかないので、終わろうと思っても、端数が出ない数になるまでおまけで打ち込みます。

 たとえば後ろ3桁を「500」とか「000」とかになるように調整するのですが、「421」とかめちゃめちゃ微妙な数字になっていることも多く、421発余分に打ち込むわけで、お前それでトータル損してるんじゃないか? みたいな場面も多々あります。

パチンコ「数百発が10倍」に化ける!? ホールの便利システムを利用した必勝法とはのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合