NEW

桜花賞(G1)武豊ウォーターナビレラ「絶好枠」で好戦必至! ナミュール、サークルオブライフは苦戦免れず…一発狙える内枠の穴馬も軽視は厳禁

桜花賞(G1)武豊ウォーターナビレラ「絶好枠」で好戦必至! ナミュール、サークルオブライフは苦戦免れず…一発狙える内枠の穴馬も軽視は厳禁の画像1
サークルオブライフ 撮影:Ruriko.I

 10日に行われる桜花賞(G1)の枠順がJRAより発表された。先週の大阪杯(G1)を制したポタジェは、道中でインをロスなく走って直線だけ外に出す競馬。2着のレイパパレも前々で粘り込んだように、「内前」のコース取りが大きかった。

 馬場の傷みが目立ち始める最終週でも、内を通った馬に大きな割引とはならなかった阪神競馬場のAコース。今週からBコースへと替わるが、逃げ先行馬にとってさらに有利な馬場状態となる可能性が高い。それだけに、桜花賞に出走する各馬もできることなら外枠を引きたくなかったに違いない。

 そこで各馬の枠を見てみると、2歳女王サークルオブライフが8枠16番で、チューリップ賞(G2)を勝ったナミュールはなんと大外の8枠18番。上位人気を予想される2頭は、非常に厄介な枠を引いたといえよう。

 2007年から現在の外回りの芝1600mで開催されるようになった桜花賞。それまでより外枠の不利が軽減され、実力のある馬なら苦にしないとも言われているものの、大外18番から見事勝利したのは07年ダイワスカーレットと14年ハープスターの2頭のみ。

 昨年、ソダシのクビ差2着に敗れたサトノレイナスに騎乗していたC.ルメール騎手も「18番は厳しかったかもしれません」とコメント。マイル戦だけに、距離のロスを避けられない外枠は、歓迎とはいえなさそうだ。

桜花賞(G1)武豊ウォーターナビレラ「絶好枠」で好戦必至! ナミュール、サークルオブライフは苦戦免れず…一発狙える内枠の穴馬も軽視は厳禁の画像2
ウォーターナビレラ 撮影:Ruriko.I

 これに対し、武豊騎手がコンビを予定しているウォーターナビレラは3枠6番。先述した2頭に比べて、「内過ぎず外過ぎず」でロスなく走れる絶好枠を引き当てた。最多5勝を誇る「桜花賞男」の6勝目もあるか。

 また、先週まで使用されていたAコースにしても、内枠有利の状況が顕著だったことに触れておきたい。以下は、今年の阪神芝1600mで行われた特別以降のレース成績だが、サンプル数は多くないものの、外枠不利の傾向となっている。

■2020年、阪神芝1600mの枠番別成績(特別以降)
枠番、着別度数、勝率
1枠【0- 2- 2- 5/ 9】0.0%
2枠【0- 1- 1- 8/10】0.0%
3枠【2- 1- 1- 6/10】20.0%
4枠【1- 0- 0- 9/10】10.0%
5枠【1- 2- 0- 8/11】9.1%
6枠【3- 0- 3- 5/11】27.3%
7枠【0- 1- 0-11/12】0.0%
8枠【0- 0- 0-14/14】0.0%

 この数字は枠で集計したものであり、頭数の少ないレースもあった。にもかかわらず、それでも7枠や8枠の馬が苦戦を強いられている。フルゲートの桜花賞ではさらに不利になることも注意したい。

 これらを踏まえた上で、一発の期待が持てそうな穴馬もピックアップしてみたい。

桜花賞(G1)武豊ウォーターナビレラ「絶好枠」で好戦必至! ナミュール、サークルオブライフは苦戦免れず…一発狙える内枠の穴馬も軽視は厳禁のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合