NEW

「業界の重鎮」が人気パチスロ攻略誌を去った理由とは!? デビュー当時の木村魚拓氏に対するイメージについてもトーク

「業界の重鎮」が人気パチスロ攻略誌を去った理由とは!? デビュー当時の木村魚拓氏に対するイメージについてもトークの画像1

業界の重鎮」が人気パチスロ攻略誌を去った理由とは!?

 多くのパチンコ・パチスロ番組をプロデュースすると共に、演者としても活躍中のルーキー酒井氏。かつては人気攻略誌「パチスロ必勝ガイド」のトップを務めたことでも有名だが、当時の出版社・白夜書房に在籍した年数は意外にも数年ほどだという。

 木村魚拓氏・沖ヒカル氏・グレート巨砲氏によるDMMぱちタウン内のトークバラエティ「アロマティックトークinぱちタウン」では、そんな酒井氏が白夜書房を退職した理由を赤裸々に告白。その理由に一同が納得した。

 酒井氏によると、事の発端はとある記事。その記事はとあるメーカーが「合併するかも」といった内容で、それを読んだ担当者からクレームが入り、酒井氏は、当時の上司で現在はコラムニスト・サックスプレイヤーとして活躍中の末井昭氏と共に謝罪に行ったそうだ。

 この誠意が認められて一件落着。はじめはそう感じていたそうだが、数日後に白夜書房の本社へ行くと、怒鳴り声が聞こえたという。聞き耳を立てたところ、謝罪に行ったメーカーから雑誌への広告を「数カ月無料」にするよう要求されたそうで、「大赤字」だと問題視されていた模様。これを知った酒井氏は「あの謝罪はなんだったんだ」と疑問に思い、「じゃあ辞めます」と辞表を提出したそうだ。

 その時代に酒井氏の部下だった沖氏は、「当時はメーカーとバチバチ(の関係)」だったとし、「取材お断りもしょっちゅうあった」と回想。それ故、この事件は「よくあること」とし、事情を詳しく知らなかった木村氏も「人が死んでなくてよかった」と強面キャラの酒井氏をイジり倒した。

「天才肌か、下手するとサイコパス」と判断?

 また、番組後半では「必勝ガイドでの最大の失敗」をテーマに盛り上がり、巨砲氏は「ほかのみんなと仲良くしなかったこと」が失敗とコメント。若かりし頃の巨砲氏は「ほかはライバル」だと敵視していたそうで、これについて木村氏は「俺もそうなんですけど…」と切り出し後、「仲良くできる人がいなかっただけと思う」との見解を示した。

「そうかもしれない」。これに頷いた巨砲氏は、続けて「(当時は)木村君も無理だった」と告白。曰く、木村氏は巨砲氏の文章に対して“ある質問”をしてきたそうで、巨砲氏は「天才肌か、下手するとサイコパス」と判断していたそうだ。

 この告白に木村氏は「(当時のライターは)女に向けて書いてるなって人が多かった」と発言。これには酒井氏も「なるほどな」と合点がいった様子で、木村氏は「それで聞いたのかもしれない」と当時を振り返った。  

【注目記事】
パチンコ新台「1G連×継続率約88%」の衝撃! 混合タイプで「引き戻し」機能も搭載した“爽快ライトミドル”にファン大注目!!
パチンコ「RUSH突入率100%」の超韋駄天スペック!?「これ絶対覇権スペックじゃん」と期待の声が続出!!
パチスロ「1G~無限」ゲーム数不定の斬新ART性能を実現! 

「業界の重鎮」が人気パチスロ攻略誌を去った理由とは!? デビュー当時の木村魚拓氏に対するイメージについてもトークのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合