NEW

JRA 戸崎圭太「単勝1.6倍」桜花賞(G1)悪夢の敗戦から7年、武豊「一瞬、勝てると」120点回答に絶賛の嵐! まるで“別人”川田将雅「制裁連発」に焦りの影!? 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊「一瞬、勝てると」120点回答に絶賛の嵐! 戸崎圭太「単勝1.6倍」桜花賞(G1)悪夢の敗戦から7年、まるで別人川田将雅「制裁連発」に焦りの影!? 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像1

 様々なGORAKUを心から愛する「GJ」。今週も人気だった競馬記事を、下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみた!!

JRA武豊「一瞬、勝てると」120点回答に絶賛の嵐! 戸崎圭太「単勝1.6倍」桜花賞(G1)悪夢の敗戦から7年、まるで別人川田将雅「制裁連発」に焦りの影!? 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像2JRA大阪杯(G1)武豊「一瞬、勝てると」120点回答に絶賛の嵐! デアリングタクト調教師「びっくりしました」C.ルメールの急遽代役で魅せた神騎乗

ライター「A」:先週の大阪杯(G1)でアリーヴォに騎乗した武豊騎手ですが、惜しい3着。本人は悔しがっていたそうですが、ファンからは絶賛の声があったそうです。

デスク「Y」:いやあ、惜しかった! 一瞬、交わせると思ったんだけど、最後は同じような脚色になっちゃったね。

ライター「A」:今回はC.ルメール騎手が騎乗予定だったんですけど、どうやらコロナ感染症対策の注意義務を怠ったとしてJRAから待機命令が下ったとか。それで急遽、武豊騎手に代役が回ってきました。

デスク「Y」:最終追い切りもルメール騎手が乗ってたもんね。武豊騎手に回ってきたのは、たぶんエージェントが同じだからでしょ。それで結果出しちゃうんだから、さすがだよね~。

ライター「A」:武豊騎手自身も公式ホームページで「もっと理解し合いたい、いい馬でした」と綴られていますね。

デスク「Y」:今後、ルメール騎手には別の有力馬がいるだろうし、コンビ継続は十分あり得ると思うよ。アリーヴォには、第2のメイショウカイドウになってほしい!

ライター「A」:小倉三冠馬でしたっけ? 懐かしいですね!

デスク「Y」:そうそう、小倉大賞典(G3)と北九州記念(G3)、それに小倉記念(G3)で小倉三冠。

ライター「A」:アリーヴォはすでに小倉大賞典を勝ってますし、ここまで5勝はすべて小倉。まだ4歳ですし、十分狙えるんじゃないですか?

デスク「Y」:個人的にはぜひ狙ってほしいんだけど、アリーヴォは一口馬主クラブ(シルクレーシング)の馬だからなあ。メイショウカイドウは松本(好雄)さんの馬だったし、G1では通用しなかったから素直に小倉行脚に行けたんだよね。

ライター「A」:なるほど。確かに明け4歳で大阪杯3着なら、もうエリートですもんね。一口馬主の皆さんとしてもG1を勝ってほしいでしょうし、小倉を回ってる場合じゃないと……。小倉三冠したって、JRAから報奨金が出るわけでもないですしね(笑)

デスク「Y」:そうなんだよ。そして“現代版”小倉三冠には北九州記念っていう、とてつもなく高い壁が……。

ライター「A」:ああ、そうか! 北九州記念ってサマースプリントの1つですよね!?

デスク「Y」:メイショウカイドウの頃は、まだ1800mだったんだよ。

ライター「A」:いくらアリーヴォが小倉マイスターでも、さすがに1200mは……。

デスク「Y」:ほら、そこはレジェンド武豊の手腕でなんとか……!

ライター「A」:ないない(笑)。アリーヴォには中距離G1で頑張ってもらいましょう。


JRA戸崎圭太「単勝1.6倍」桜花賞(G1)悪夢の敗戦から7年、再び現れた無敗の“怪物候補”と誓うリベンジの時

ライター「A」:今週は牝馬三冠の第1弾・桜花賞(G1)ですが、2戦2勝のプレサージュリフトに騎乗する戸崎圭太騎手が注目されています。

デスク「Y」:いやあ、もうすっかり春だねえ。桜花賞まで桜も持ちそうだし、競馬場に行きたい季節だなあ。

ライター「A」:記事では、2015年の桜花賞に戸崎騎手と挑んだルージュバックが取り上げられています。牡馬相手にきさらぎ賞(G3)を勝ったこともあって、当日は単勝1.6倍に支持されていましたが、残念ながら9着に惨敗しています。

デスク「Y」:その後も戸崎騎手が乗ったんだけど、結局G1勝てなかったんだよね。強い馬だったんだけどなあ。

ライター「A」:牡馬相手に重賞を4勝もしましたからね。能力がG1級だったのは間違いないかと。

デスク「Y」:強いのに、何故かG1に縁がない馬っているよね。逆に、ここまで重賞すら勝てなかったのにG1でいきなり勝っちゃう馬もいるから不思議。

ライター「A」:先週の大阪杯を勝ったポタジェは、まさにその典型ですね。ルージュバックとは逆にG1と縁があった馬。

デスク「Y」:そうそう。で、そのポタジェがルージュバックの弟なんだよね。

ライター「A」:出たー、GJあるあるだ! このルージュバックの記事って、大阪杯の前にアップされてませんか?

デスク「Y」:いや、一応このコーナーって【週末GJ人気記事ぶった斬り!】だから、今週の月曜にアップされた記事だよ。まあ予定稿だったから、ライターさんは大阪杯の前に書いてるけど。何それ?

ライター「A」:GJって、たまに変なニアミスするんですよね。桜花賞でルージュバックを取り上げたら、弟のポタジェが大阪杯を勝っちゃうとか。編集部の意図してないところで「サイン」が出たりするんですよ。

デスク「Y」:まあ、ウチも毎日色んな記事を出してるからねえ。そういうこともあるんじゃない?

ライター「A」:いやいや、これは神の意思ですよ。「馬券をゲットしなさい」ってサインが出ているってことです。

デスク「Y」:キミ、サイン好きだねえ(笑)

ライター「A」:他にもGJが「このレースは〇年連続で○○の馬が連対中」とかって“法則系”の記事を掲載したら、まず週末にはその法則が決壊するジンクスがあるんです(笑)

 来週の皐月賞(G1)にも「サドラーの法則」というのがあって、1999年のテイエムオペラオー、2006年のメイショウサムソン、そして2013年のロゴタイプと7年周期で父がサドラーズウェルズ系の馬が1着だったんですけど、GJが「今年(2020年)はダーリントンホールだ!」って記事にしたら、即決壊しました。

デスク「Y」:面白いけど、それって競馬サイトとしてどうなんだろうか……。

JRA 戸崎圭太「単勝1.6倍」桜花賞(G1)悪夢の敗戦から7年、武豊「一瞬、勝てると」120点回答に絶賛の嵐! まるで“別人”川田将雅「制裁連発」に焦りの影!? 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合