NEW

遊びやすくも一撃性あり! AT機時代全盛期に登場した「ELビジョン搭載の“伝説マシン”後継機【4号機ストック機時代~ネオプラネットXX編~】

【この記事のキーワード】,

遊びやすくも一撃性あり! AT機時代全盛期に登場した「ELビジョン搭載の伝説マシン後継機【4号機ストック機時代~ネオプラネットXX編~】の画像1

 爆裂AT機が隆盛を極めた2002年。多くのプレイヤーが一撃万枚を夢見てレバーを叩くなか、比較的穏やかな出玉推移ながらも大ヒットを記録したひとつのマシンがあった。

 そのマシンの名は、山佐の『ネオプラネットXX』。かつての名機と同じく出玉トリガーはビッグとREGのみで、ATなどの付加価値を持たないスタンダードなボーナスタイプだ。

 それ故、爆裂AT機にありがちな荒波とは無縁ではあるものの、本機は「ストック機能」を搭載していることから、純Aタイプと比べればメリハリのあるスランプグラフを描く傾向にある。要するに、遊びやすさと適度な爆発力を兼ね備えたマシンなのである。

 ストックからボーナス放出までの基本的な流れは、まず毎ゲーム、レバーON時に設定を参照して両ボーナス抽選が行われる。ボーナス成立後は内部的に確率が大幅上昇するリプレイをリール制御で取りこぼす「ストックタイム(ST)」に突入し、ストックタイムが解除されれば最初に引いたボーナスを揃えられる仕組みだ。もちろん、ST中もボーナス抽選は行われる。

 ボーナス成立後は必ず「772GのST-a」と「6GのST-b(実質5G)」の2段階で構成されるSTがセットされ、777G到達でボーナス放出。ST中は毎ゲーム、レバーON時に「解除抽選」が行われ、これに当選すれば即座にST-aが終了=数ゲームの前兆を経てボーナス当選告知が発生する。

■激アツの「ビッグバンモード」を搭載!

 解除抽選の確率は6つのモードで管理され、「ノーマルモードA&B」滞在時の確率は設定1:819.200分の1~設定6:252.061分の1。ボーナス終了を機に「高確率モード」へ移行すれば全設定共通64.250分の1で解除抽選が行われ、「ビッグバンモード」昇格時は90%でのボーナスループに期待できる。

 また、リセット時は約4分の1で「モーニングモード」に振り分けられ、こちらの解除抽選割合も全設定共通64.250分の1。その後の連チャン率はやや抑えられているものの、朝イチ台は狙い目と言える。

 このほか、本機は小役によるST解除もあり、メインとなるのはチェリーとリプレイ。リール制御で4枚と2枚に振り分けられるチェリーは2枚の方がチャンスで、成立時は概ね23%でボーナスへと繋がる。

 なお、本機は演出が立体的に浮かび上がる「ELビジョン」を採用している点も特徴のひとつ。このELビジョンでは前々日までを含めたボーナス履歴、BB出現率や差枚数などの個人情報、過去60G分の出目履歴などをチェックできるほか、「HIGH」「MIDDLE」「LOW」と出現頻度が異なる3種類の演出パターンを選択することも可能だ。

【注目記事】
パチンコ「右ALL10Rネオ甘デジ」も話題の名物メーカー…安定感バツグンの超大物コラボ機を発表!! 
パチンコ「朝一大ハマり」の絶望的展開も…救済機能が全てを解決!?
『ゲームセンタータンポポ』の接客…現在のパチンコ店との比較~昭和のテーマパークを目指して~ 

遊びやすくも一撃性あり! AT機時代全盛期に登場した「ELビジョン搭載の“伝説マシン”後継機【4号機ストック機時代~ネオプラネットXX編~】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合